THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイではオミクロン株の検出なし

2021年11月29日 配信

タイではオミクロン株の検出なし

タイ保健省は2021年11月29日、最近アフリカから到着した旅行者は検疫が免除されていないと述べ、新たな新型コロナウイルス変異株「オミクロン株』が多くの国で発見されることを憂慮し、国民に冷静な対応を促しました。タイ国営メディアNNTが伝えています。


疾病管理局(DDC)疾病管理局のオーパース・カーンカヴィンポン局長は、最近タイに到着したアフリカ南部からの1,007名の旅行者は全員、検査で陰性が確認され、隔離検疫が行われていると述べました。

タイ保健省医学局によると、これまでタイではオミクロン株は検出されていません。すべての民間病院は、すべての新型コロナウイルス患者から検体を提出し、遺伝子配列を調べるよう求められています。

タイ政府は2021年12月1日以降、ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエからの入国を禁止します。すでにタイへの入国許可を得ている場合は、12月15日までに到着しなければならず、14日間の隔離検疫と3回の新型コロナウイルス検査の対象となります。

 

▼関連記事
新型コロナ変異株「オミクロン(B.1.1.529)」発見でアフリカ8カ国からのタイ入国禁止