THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

明日14日(木)に検討、「再開国」の対象国や夜間外出禁止時間の短縮など

2021年10月13日 配信
明日14日に検討、「再開国」の対象国や夜間外出禁止時間の短縮など

10月11日のテレビ会見でのプラユット首相

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は、2021年10月14日(木)にプラユット首相が議長を務める大会議を開き、今後の規制緩和について検討します。


この会議では、先日首相が発表した11月1日からの「再開国」の対象国(イギリス、シンガポール、ドイツ、中国、アメリカは発表済み)、12月1日までとした娯楽施設の再開、夜間外出禁止時間の短縮、「ダークレッドゾーン」の変更などについて検討されます。

会議で検討されるとされる内容は以下など。

・11月1日からワクチン接種済み旅行者を隔離なしで受け入れる10カ国
・12月1日からの娯楽施設再開
・最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」の対象エリア縮小
・最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」の夜間外出禁止時間の短縮(午後11時~午前3時に変更)
・集会を許可する人数の変更

 

▼関連記事
タイ首相が2021年11月1日からの開国を表明、12月1日までに娯楽施設の再開も
明日14日(木)に検討、「再開国」の対象国や夜間外出禁止時間の短縮など