THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

人身売買で閉鎖されたバンコクのソープランド「ナタリー」元オーナーを逮捕

2021年10月5日 配信

人身売買で閉鎖されたバンコクのソープランド「ナタリー」元オーナーを逮捕

18歳未満の外国人女性が売春を行なっていたとして2016年に摘発・閉鎖された、バンコク・ラチャダーピセーク通りのマッサージパーラー(ソープランド)「ナタリー」。元オーナー(63歳)には、人身売買とマネーロンダリングの容疑で逮捕状が出されていました。


各報道によると2021年10月4日、元オーナーは、バンコク・バンコクノーイ区の自宅で逮捕となりました。

2016年の摘発で、「ナタリー」では121人の従業員が売春をしていたことが明らかになり、そのうち9割以上が外国人で、そん殆どがミャンマー人(タイヤイ)。中には、未成年(ミャンマー人7人 タイ人1人)も含まれていました。

 

▼関連記事
ラチャダー通り「little DUCK」のネオンが光る…営業OK?
人身売買で閉鎖の「ナタリー」が「リトルダック」として復活?すぐに閉鎖命令
バンコクのマッサージパーラー閉店後は?ナタリー駐車場は屋台になり、シーザーはオフィスビルに
バンコク・ホワイクワン地区のマッサージパーラー5店で薬物検査実施
バンコクの風俗店「ビクトリアシークレット」が人身売買で摘発