THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ入国後の隔離検疫、10月1日からワクチン接種済みで7日間に決定

2021年9月27日 配信

タイ入国後の隔離検疫、10月1日からワクチン接種済みで7日間に

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年9月27日(月)午後の会見で、10月1日からの新型コロナウイルス対策の規制緩和を発表しました。


タイ入国後の隔離検疫期間については、ワクチン接種済みであれば、現在の14日間から7日間に短縮されます。入国後、2回のPCR検査を受ける必要があります。

ワクチン未接種、またはワクチン接種済みの証明がない場合、空路と水路での入国では隔離検疫期間は10日間、陸路での入国は引き続き14日間となります。

また、11月1日からは以下の地区で、開放が予定されています。(隔離検疫なしでの受け入れ)
バンコク、クラビ、パンガー、プラチュワップキーリーカン(ホアヒンとノンガエ)、ペッチャブリー(チャアム)、チョンブリ(パタヤ、バーンラムン、ジョムティエン、バンシェー)、ラノーン(パヤーム島)、チェンマイ(ムアン、メーリム、メーテン、ドイタオ)、ルーイ(チェンカーン)、ブリラム(ムアン)。

 

▼関連記事
10月1日より映画館やジムやタトゥー店など一部業種が営業再開、夜間外出禁止時間は午後10時から午前4時に