THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

10月1日よりレストラン利用でワクチン接種証明か陰性証明が必要に

2021年9月6日 配信

10月1日よりレストラン利用でワクチン接種証明か陰性証明が必要に

新型コロナウイルス新規陽性者が減少傾向にあるタイでは、2021年9月1日より規制が緩和され、バンコクなど最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」29都県でも、レストランでの店内飲食が可能になりました。現在レストランの利用にワクチン接種証明や陰性証明は必要ありません。


そんな中でタイ保健省疾病管理局スワンチャイ・ワッタナーインチャルンチャイ局長は2021年9月5日、コロナ感染防止措置「Covid Free Setting」が10月1日から適用になると語りました。各報道が伝えています。

10月1日から顧客がレストラン、ヘアサロン、マッサージ店など、感染リスクが高いとみなされる施設に入るには、政府の「ThaiSaveThai」アプリを使用して、感染リスクの詳細を記載したフォームに記入する必要があります。

さらに、施設に入る前に、ワクチン接種証明書、または抗原検査で陰性であることを示すように求められます(1週間以内の結果が有効)。元患者は、回復したことを示す記録を示さなければなりません。

また、事業者は各自治体の規制を厳格に遵守する必要があり、従業員は完全にワクチン接種し、社会的距離測定を遵守し、毎週スクリーニングを受ける必要があります。さらに人が触れる場所を、1〜2時間ごとに消毒する必要があります。

 

CCSA決定事項第32号「コロナ感染防止措置(Covid Free Setting)」の運用指針の発表

1 感染のない環境 (COVID Free Environment):事業者向け運用指針

(1)清潔さと安全性(Clean and Safe)
・机や椅子等、人が触れる部分について、使用後直ちに消毒を行う。
・トイレや待合場所等について、1~2時間毎に清掃および消毒を行う。
・食器やサービスに用いる機材等について、洗剤を使用し、熱湯で消毒。
・利用客向けに手洗い(洗剤や消毒用ジェル)場を設ける。
・利用客向けに食器や調味料を個別に用意する。
・セルフサービス形式での食事の提供を行わない。
・利用客に対し、マスク着用の徹底を呼びかける。

(2)物理的距離の確保(Distancing)
・利用客毎の物理的距離を1~2メートル確保し、入場制限を行い、過密状態を避ける。
・空調のある屋内では収容率50%まで、空気の循環が十分な屋外では収容率75%となるよう、席を設ける。また、向かい合うような着席位置を避ける。
・着席位置を1メートル以上離すことができない店舗については、仕切り板を設置する。この場合も、向かい合うような着席位置を避ける。
・利用客の店舗滞在時間を1時間未満とする。

(3)換気(Ventilation)
・空調のある店舗でも、営業開始前および終了後に最低30分間、外気をとりこむ。
・入場客数に応じた換気を確保する。
・空調のある店舗は、1時間毎に外気をとりこむ。
・トイレの換気を確保する。

2 感染のない従業員(COVID Free Personnel):事業者向け運用指針

(1)従業員は、全員ワクチン接種を完了する。感染歴のある者は、回復後3か月を経ているものとする。

(2)従業員は、Thai Save Thai等のアプリによりワクチン接種完了を確認する。また、7日間毎に抗体検査キット(ATK)を用いた陰性確認を行う。

(3)事業者は従業員に対して防疫措置(Universal Prevention、マスク着用や手洗い等)の履行や、集団活動ないし集団での食事の回避を徹底させる。

(4)常にマスクを常時着用し、手洗いを行う。配膳を行う場合は手袋を着用する。

(5)過去14日間、感染の危険性の高い場所に立ち入った履歴のない者のみが調理を行う。

3 感染のない顧客(COVID Free Customer):利用客向け運用指針

(1)Thai Save Thai等のアプリにより、利用客のワクチン接種完了を確認する、ないし、7日以内の抗原検査キット(ATK)による陰性証明、もしくは罹患からの回復後3か月経過証明の提示を求める。

(2)利用客に対し、包括的防疫措置(Universal Prevention、マスク着用や手洗い等)の徹底を求める。

(3)店舗での滞在時間は1~2時間までとする。

(4)入店時にThai Chanaアプリ等で登録を行う。

(5)利用客同士の物理的距離を1~2メートル維持する。

(6)マスク着用、手洗い等、当局が定める防疫措置を守る。

最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」29都県
バンコク・ナコンパトム・ノンタブリ・パトゥムタニ・サムットプラカーン・サムットサコン・ チャチュンサオ・チョンブリ・アユタヤ・ナラティワート・パッタニー・ヤラー・ソンクラー・カンチャナブリ・ターク・ナコンナーヨック・ナコンラチャシマ・プラチュワップキリカン・プラチンブリ・ペチャブリ・ペッチャブーン・ラヨーン・ラチャブリ・ロッブリー・シンブリ・サムットソンクラーム・サラブリ・スパンブリ・アーントーン

 

▼関連記事
新型コロナ感染防止措置「Covid Free Setting」とは?