THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

民間企業は「バンコク・サンドボックス」を提案、ワクチン接種済み顧客の受け入れを

2021年8月26日 配信

民間企業は「バンコク・サンドボックス」を提案、ワクチン接種済み顧客の受け入れ等

タイの民間企業は、新型コロナウイルスワクチン接種済みの顧客を受け入れる「バンコク・サンドボックス」モデルを提案しており、ビジネスの再開を期待しています。タイの国営メディア National News Bureau of Thailand:NNTが2021年8月25日に伝えています。


タイ商工会議所のサナン会頭によると、民間企業は事業再開のために、SHA+(Safety and Health Administration Plus)などの基準、新型コロナウイルス対策のガイドラインに沿った事業の推進、スタッフのワクチン接種率70%など、3つの対策を提案しています。

「SHA+」は、ワクチン接種済み旅行者を隔離なしで受け入れている「プーケット・サンドボックス」で使用されています。

「新型コロナウイルス対策のガイドラインに沿った事業の推進」は、顧客がワクチン接種情報が記録されている「デジタルヘルスパス」を使用し、さらに抗原検査キット(ATK)での検査結果を提示できる顧客を受け入れるというものです。

「スタッフのワクチン接種率70%」は、対策に厳密に従うことができる特定の小売業で試験版の開始を目指します。

なお、現在店内飲食が禁止となっているバンコクなど「ダークレッドゾーン」で、ワクチン接種済みの顧客を受け入れる「レストラン・サンドボックス」の提案も行われています。

Private sector proposes “Bangkok Sandbox” model|NNT- National News Bureau of Thailand

 

▼関連記事
タイ・レストラン協会は「レストラン・サンドボックス」を提案
店内飲食再開に向けたガイドライン、ワクチン接種や陰性証明が必要か