THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

救急車運転手、新型コロナから回復して1ヶ月でまた陽性

2021年8月12日 配信

救急車運転手、新型コロナから回復して1ヶ月でまた陽性

アユタヤ県のプラナコーンシーアユタヤ病院の救急車運転手の男性(39歳)が、新型コロナウイルス陽性から回復後、わずか1ヶ月足らずで再び新型コロナウイルス陽性が確認されました。



各報道によると2021年6月にプラナコーンシーアユタヤ病院では、救急車運転手の男性を含む18人の陽性が確認され、全員病院で治療を受けて回復しました。

その後、同病院の救命救急センターで看護師として働く救急車運転手の男性の妻が陽性となり、救急車運転手の男性も検査を受けたところ、8月10日に陽性が確認されたとのこと。夫婦共に、日頃から安全には気を配っていたため、ショックで混乱していると伝えられています。

なお、救急車運転手の男性は8月11日にファイザー製ワクチン接種の予約をしていました(初めての接種)。また妻は、シノバック製を2回接種しており、ファイザー製ワクチンで3度目の接種が決まっていました。

アユタヤ県では8月11日には、新たに494人の新型コロナウイルス陽性者が確認。累計の陽性者は13,084人となり、107人が死亡しています。