THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

日本政府、タイとラオスに酸素濃縮器など供与へ

2021年8月5日 配信

日本政府は2021年8月3日、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて、タイに酸素濃縮器775台、ラオスに酸素濃縮器100台と吸引器100台及び患者用モニター100台(総額約252万ドル(約2.72億円))を供与することを決定しました。



タイでは毎日2万人前後の新型コロナウイルス陽性者が確認されており、合計の死者数は近く6,000人に届きそうです。ラオスでは、これまで7,000人以上の陽性者が確認され、7人が死亡しています。

 

タイ及びラオスにおける新型コロナ対応のための酸素濃縮器等の供与

8月3日、日本政府は、新型コロナウイルス感染症の急拡大を受けて、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて、タイに酸素濃縮器775台、ラオスに酸素濃縮器100台、吸引器100台及び患者用モニター100台(総額約252万ドル(約2.72億円))を供与することを決定しました。

タイにおいては、バンコク首都圏を中心に医療の逼迫が起きています。特に、バンコクの主要病院のコロナ病棟の病床は危険なレベルまで逼迫しており、仮設病院の設置が急ぎ進められています。また、ラオスはASEAN諸国で最も脆弱と言われる医療体制の下で、今日に至るまで強力なロックダウンを実施し、感染拡大を抑えようとしています。しかし、特に、タイと国境を接する地方の状況が深刻であり、既存の病院では新規の患者の受け入れができない状況が起きています。ラオスでは、酸素濃縮器は必要数の30%程度しか確保できないといわれています。

こうした厳しい状況を受け、日本政府は伝統的な友好関係を結ぶタイ・ラオス両国に対して、感染拡大の緩和・収束に向けた支援として今回の供与を決定しました。我が国は7月にタイに対して約100万回分のワクチンを供与しており、COVAXファシリティを通じたラオスへの約60万回分のワクチン供与については、本日ラオス向けに発送する予定です。今後も、タイ及びラオスの新型コロナウイルスの感染状況の緩和・収束に向けた努力を力強く後押ししていきます。

タイ及びラオスにおける新型コロナ対応のための酸素濃縮器等の供与|外務省