THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

フードパンダ(タイ)が謝罪、「デモ参加者を解雇」ツイートで不買運動に発展

2021年7月19日 配信

フードパンダ(タイ)が謝罪、「デモ参加者を解雇」ツイートで不買運動に発展

2021年7月18日にバンコクで行われた反政府デモ。ここに料理デリバリーアプリ「フードパンダ」の配達ドライバーと思われる人物が参加していたことで、フードパンダの公式ツイッターは「弊社の厳格な規則に従って従業員を解雇します。フードパンダにはあらゆる形態の暴力やテロに対するポリシーがある」と投稿しました。するとデモ擁護派から大きな反発が広がり、この件についてフードパンダは7月19日、公式に謝罪を行いました。



フードパンダタイランド公式ツイッターより引用

以上のツイートが公開されると、デモ支持派らが「デモ参加者をテロリスト呼ばわりするとは何事だ」と、激怒。 #BanFoodpanda のハッシュタグが拡散されるとともに、フードパンダの利用者や飲食店がフードパンダの使用を取りやめる動きが広がったのです。

翌7月19日、フードパンダは公式SNSで声明を公開。問題のツイートは同社SNS担当が無断で投稿したもので、公式見解ではないと釈明。しかし、公式SNSに投稿されたものには責任を追うとして、正式に謝罪を行いました。

フードパンダは「弊社は、言論・表現の自由を尊重しており、言論・表現の自由に影響を与えるようなポリシーを導入することは考えておりません。フードパンダは、言論・表現の自由がテロリズムではないことを保証します。」として、デモに参加した配達ドライバーを解雇することはないと表明しています。