THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ版「ミシュランガイド」にアユタヤが第5の都市として選出

2021年6月16日 配信

タイ版「ミシュランガイド」にアユタヤが第5の都市として選出

発行5年目を迎えるタイのミシュランガイド。2021年版ではバンコク・チェンマイ・プーケット・パンガーから、二つ星6店、一つ星22店が掲載されました。そんなミシュランガイドに、2022年版からはアユタヤが追加されます。



2021年末に発行予定のミシュランガイド2022年タイ版に、タイの主要観光地のひとつで1991年にユネスコの世界遺産に登録された古都アユタヤ(プラナコーン・シー・アユタヤ)が対象地域として追加されることになりました。

2021年末に発行予定のミシュランガイド2022年タイ版に、タイの主要観光地のひとつで1991年にユネスコの世界遺産に登録された古都アユタヤ(プラナコーン・シー・アユタヤ)が対象地域として追加されることになりました。

アユタヤが第5の都市として加えられるミシュランガイド バンコク・アユタヤ・チェンマイ・プーケット&バンガー2022では、古き良き時代と新しい時代の魅力が完璧に調和すると同時に多様な興味に応えられるローカルアトラクションが揃うアユタヤが、あらゆる年代層に向く優れたガストロノミーツーリズムのデスティネーションとして取り上げられます。

ミシュランガイドでインターナショナルディレクターを務めるグウェンダル・プレネック(Gwendal Poullennec)は、アユタヤはタイの食文化遺産とガストロノミー/美食で光彩を放つ至宝の一つだとしています。かつては外交と商業の中心地だったこの魅力的な歴史都市は、ポルトガル、日本、インド、ペルシャといった多種多様な外国からの影響を吸収してきました。そうした背景の中から生まれたのがタイの郷土料理です。また、3つの川に囲まれた戦略的立地にあることで、淡水魚、川エビ、新鮮な野菜や果物など、豊富な食材にも恵まれています。

前出プレネックは、「ミシュランガイド タイの新版でアユタヤをご紹介できることをうれしく思います。この町の食のシーンには古いものと新しいものが見事にフュージョンされています。老舗レストラン、リノベーションされた古い建物やモダンなビルへの新規出店、おしゃれなコーヒーショップやカフェ、さらには陸上だけでなく水上にもあるマーケットなども含め実に多彩です。豊かな歴史的・文化的背景をもつこの町の幅広い食の可能性は、他では味わえないユニーク体験となって国内外の観光客を何度でも訪れたい気にさせる魅力となっています」と語っています。

アユタヤがタイ(当時はシャム)の首都であった頃からの外国人入植者による多文化融合は、今日に至るまでタイの郷土料理に大きな影響を与えてきました。その代表格として、インド/ペルシャの影響を受けたココナッツミルクとカレースパイスを使う人気タイ料理のマッサマンカレーや、ポルトガルの影響による卵と卵黄を使ったデザートのトーンイップ(黄金卵黄花タルトの意)とトーンヨット(黄金卵黄ドロップの意)などがあげられます。

首都バンコクの近くに位置するアユタヤは、鉄道やフェリーといった公共交通機関でアクセスしやすいこともあり、タイでも有数の観光地です。歴史的寺院、日本、ポルトガル、オランダなどの外国人居留地、クリルク・ヨーンプン (Krirk Yoonpun)個人コレクションのミリオントイミュージアムやタイボートミュージアムなどの専門博物館、リバーボートツアー等、アトラクションやアクティビティの楽しみは尽きることがありません。

タイ国政府観光庁のユタサック・スパーソーン(Yuthasak Supasorn)総裁は、「アユタヤを訪れる国内外の観光客の間では、歴史的・文化的な見どころを巡るだけでなく、地元の市場や飲食店でさまざまな料理を楽しむことが最も印象的な体験のひとつとして定着しています。次年度版ミシュランガイドによって、タイ人のみならず世界中の読者の皆さまがアユタヤの壮大さ、その限りない発信力に改めて惹きつけられるはずと確信しています」とのコメントを寄せています。

ミシュランガイドについての詳細はhttp://guide.michelin.com/th/enで。ミシュランガイド バンコク・アユタヤ・チェンマイ・プーケット&バンガー2022についての今後の最新情報はFacebook: facebook.com/MichelinGuideThailand、Instagran: instagram.com/michelinguide

ミシュランについて

モビリティのリーディングカンパニーであるミシュランは、お客様のモビリティを持続的に向上させること、お客様のニーズに最適なタイヤ、サービス、ソリューションを設計・販売すること、旅行や旅を豊かにし、ユニークな体験にするためのデジタルサービス、地図、ガイドを提供すること、様々な産業に貢献するハイテク素材を開発することを使命としています。フランスのクレルモン・フェランに本社を置くミシュランは、世界170カ国で事業を展開し、123,600人の従業員を擁し、71のタイヤ生産施設を運営しており、2020年には合計で約1億7千万本のタイヤを生産しています。(http://www.michelin.com)

 

プラチナパートナー

プレゼンティングパートナー

グローバルパートナー

オフィシャルパートナー


▼関連記事
タイの2021年版「ミシュランガイド」二つ星6店、一つ星22店~バンコクの寿司店も星獲得
タイの「ミシュランガイド」、2021年のビブグルマン106店
タイの2019年版「ミシュランガイド」にプーケット&パンガーが追加
「ミシュランガイド・バンコク2018」が発行へ!屋台にミシュランの星が付く!?