THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

深夜のビーチで飲酒、男女20人以上を逮捕

2021年5月30日 配信

チョンブリ県セーンスックのバンセーンビーチ

タイ東部チョンブリ県セーンスックにあるタイ人に人気のバンセーンビーチでは、新型コロナウイルス対策で禁止されている飲酒をしてのパーティーなどが度々行われており、自治体や警察は違反行為を行わないように警告を続けてきました。それでもビーチでの飲酒はなくならなかったようです。



タイ警察セーンスック署は2021年5月30日未明から、署員ら30人以上でバンセーンビーチのパトロールを行ないました。

まず発見されたのが、30人以上でスケードボードあるいはサーフスケートをする家族らのグループ。ここではグループに警告をして解散させ、帰宅させました。

さらに飲酒をしている若い男女のグループを発見し、参加していた男女20人以上を逮捕しました。彼らはアルコール規制法、伝染病法、緊急法令の違反で、罰金や懲役を科される可能性があります。
・2008年アルコール規制法違反-6か月以下の懲役か10,000バーツ以下の罰金、またはその両方
・2015年伝染病法違反-1年以下の懲役か100,000バーツ以下の罰金、またはその両方
・新型コロナウイルス対策の緊急法令違反 -2年以下の懲役か40,000バーツ以下の罰金、またはその両方

なお先日バンセーンビーチのあるセーンスックの首長は、ビーチでの違反が続けばビーチの閉鎖を行う可能性があると語っていました。

 

▼関連記事
バンセーンビーチ閉鎖も、集会や飲酒の摘発続出で