THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

レストランで猛毒「ヒョウモンダコ」を販売の可能性、持ち帰り客に注意喚起

2021年5月20日 配信
レストランで猛毒「ヒョウモンダコ」を販売の可能性、持ち帰り客に注意喚起

Bar B Q Resort บาร์บีคิวรีสอร์ท บุฟเฟต์ ปิ้งย่าง หมูกระทะ Facebookページより引用

青いリング模様が特徴的な「ヒョウモンダコ(ブルーリングオクトパス)」は、テトロドトキシンという猛毒が唾液に含まれていて、もし噛まれでもしたら大惨事。死に至る場合もあるのだとか。



また皮膚などにも毒が含まれており、その毒は200度で熱してもなくならないそうです。つまり食べたら非常に危険なのが「ヒョウモンダコ」ですが、時には誤って販売されてしまう場合もあります。

バンコク・ラムイントラ通りソイ51にある「BarBQ Resort」は2021年5月19日、公式Facebookにて、客に販売した可能性のある「ヒョウモンダコ」に注意をするように呼びかけを行ないました。

「BarBQ Resort」によると、客に販売した料理の中で「ヒョウモンダコ」を発見したとの報告を受けました。そのため5月17日から19日までの間にタコを購入して持ち帰りをした客に、食べる前に「ヒョウモンダコ」が含まれていないか注意をするように呼びかけをしています。

なお「ヒョウモンダコ」だと思われる商品を見つけた場合、損害賠償を支払うとのことです。

 

▼関連記事
「毒のあるヒョウモンダコを食べないように!」タイ海洋
タイの市場で毒ダコ「ブルーリングオクトパス」が売られる