THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクなど危険地域、飲食店の営業時間は21時まででアルコール提供禁止を提案

2021年4月15日 配信

バンコクなど危険地域、飲食店の営業時間は21時までアルコール提供禁止を提案

バンコクの娯楽施設のクラスターからタイ全国に拡大したと言われる新型コロナウイルス第3波。さらなる拡大を防ぐために危険地域(レッドゾーン)を18都県に拡大し、2021年4月16日には新たな規制に関する提案が行われます。



レッドゾーン(危険地域)
バンコク、チェンマイ、チョンブリ、サムットプラカーン、プラチュワップキーリーカン、サムットサーコーン、パトゥムターニー、ナコンパトム、プーケット、ナコーンラーチャシーマー、ノンタブリ、ソンクラー、ターク、ウドンタニ、スパンブリ、サケーオ、ラヨーン、コンケーン
オレンジゾーン
その他59県

提案される主な内容は以下です。

・レッドゾーン、オレンジゾーン全ての地域でパブ、カラオケバー、マッサージパーラーなど営業禁止。
・レストランは店内飲食可能だが、飲酒は禁止。営業時間はレッドゾーンが21時まで、オレンジゾーンが23時まで。
・50人以上のグループでのアクティビティは禁止。
・家族以外でのパーティーは禁止。
・教室での学習は控える。
・遊園地、モールでの遊技場を控える。
・出来る限り在宅勤務を推奨する。

 

▼関連記事
バンコクをはじめ9都県などでロックダウンの可能性も議論中