THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

一部でタイ入国後の隔離検疫期間を14日間から21日間に延長も検討

2021年2月16日 配信
一部でタイ入国後の隔離検疫期間を14日間から21日間に延長も検討

ホテルの部屋のイメージ画像です

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年2月15日(月)、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株が確認されたことを受けて、一部の旅行者の隔離検疫期間の延長を検討していることを明らかにしました。



CCSAは、アフリカのタンザニアからエチオピア経由で帰国した41歳のタイ人男性が、南アフリカ変異株に感染していたことを明らかにしました。男性がアフリカからの帰国だったことから通常より多くの検査を実施して、南アフリカ変異株に感染していることが確認できました。

現在タイに入国した全ての人々は、14日間(15泊16日)の隔離検疫を指定の施設で受ける必要があります。しかしCCSAは、危険度の高い国からタイに入国する人々に対して隔離検疫期間を21日間に延長し、南アフリカ変異株を確認するための必須の検査を増加させるよう検討しているとのこと。

危険度の高い国の詳細については、明らかにされていません。

Thailand may INCREASE quarantine for some travellers https://bit.ly/3b9QYen

ThaiVisa.com News – The Nationさんの投稿 2021年2月15日月曜日

 

▼関連記事
タイ初の南アフリカ変異株を確認、アフリカから帰国のタイ人宝石商