THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイコスメが今注目されている理由とは?

2021年2月9日 配信

話題のタイドラマ俳優がプレゼンターのタイコスメ「idolo(イドロ)」「CathyDoll(キャシードール)」2021年日本初上陸決定が大反響!続々日本上陸のタイコスメブーム加熱の理由とは。



#2020年6月に日本初上陸し、“マスクでもメイクが崩れない・テカらない”とバズった、#タイコスメ、 シーチャンの「トランスルーセントパウダー」。ロフトのアジアンコスメフェスティバルでも大好評!タイドラマ・タイコスメブームの加熱とともに、韓流の次は“泰(タイ)流”がくると言われるほど、タイカルチャーそのものが日本で注目されています。

日本上陸に歓喜!2000リツイート超え

弊社では、いち早くタイコスメに注目!
韓国コスメ、中国コスメの次にくるネクストブームは『タイコスメコスメ』だと考えております。

弊社運営のTwitterアカウントコスメラボ(@cosmelabo_)にて、「idolo(イドロ)」「CathyDoll(キャシードール)」の総代理店就任をお知らせしたところ、2117RTという多くの反響をいただき、タイコスメへの期待が感じられました。

#タイ沼 急増!韓流の次は“泰(タイ)流”が2021年のブームに
日本のタイドラマブームの火付け役となったきっかけとなったのが、タイのテレビ制作会社GMMTVが制作し、タイで2020年2月に放送を開始した「2gether(トゥギャザー)」。
YouTubeで視聴した日本のファンが面白いと拡散したことで話題に。
日本でも2020年夏以降に配信がスタート。8月時点でYouTube公式動画の総再生回数は3.8億回数超えの人気作に。
日本の熱量の高いファンの心を掴んだことから、さらにSNSで拡散。既に、日本の雑誌やウェブメディアで特集が組まれ、TV取材や報道もされるなど、ますます人気が加熱しています。

また、韓国ドラマをきっかけに、韓国コスメやK-POP、韓国料理など、韓国カルチャーそのものが日本で流行・定着したように、タイコスメやタイ料理など、タイカルチャーそのものへの興味関心が高まっており、韓流の次は“泰流”ブームがくると言われるようになりました。

“推し活”が激化!
日本で流行しているタイドラマはBLジャンルが多く、BL作品に関心高い日本女性の年間作品購入数は、10万円以上のユーザーが多いという調査結果も。

“推し活”の一貫として、人気俳優がプレゼンターを務めているコスメやグッズを集めるのはもちろん、タイコスメやタイ文化そのものを体感したいという、タイへの熱量の高いファンが多いのが特徴です。

実際に弊社でも、ファンの方へオンラインイベントの企画を検討し、アンケートをとったところ「いくらでも買う心構えはある」「200名なんて少なすぎる」といった、お声を多数いただきました。

ブライトとウィンもプレゼンターを務めるブランド「idoro(イドロ)」

ブライト

ウィン

「idoro(イドロ)」はタイの人気コスメブランド「MISTINE(ミスティーン)」とタイのテレビ局GMMTVにより共同開発されたタイコスメブランドです。
各商品ごとに、タイで有名な俳優陣がプレゼンターとして就任しており、商品コンセプトから俳優自身が企画している商品も多く、タイ現地でも大人気のブランドです。

日本初上陸の発表を受け、Twitterを中心としたSNSでは「日本でも気軽に買えるようになる!」「日本でブライトとウィンがさらに活躍する!」と大きな反響が!

タイのトレンドコスメ「CathyDoll(キャシードール)」
同じくタイドラマの人気俳優がプレゼンターを務めている、タイコスメブランド「CathyDoll(キャシードール)」も2021年日本初上陸が決定。
ヌードマットシリーズには、「2gether」の人気俳優BrightとWinが起用されています。

「CathyDoll(キャシードール)」は、タイの化粧品上場大手カルマートが手掛けるコスメブランドで、現地では知らない人がいないほど有名なブランド。
タイのベストコスメを受賞した製品も多く、ミリオンセールスを達成しているコスメも多数。プチプラで品質も良いタイコスメとして、美容に関心の高いSNSユーザーの間でも話題となっています。

更に注目の高まる“ジェンダーレス”
タイ社会では男女の境界にとらわれず、美容を楽しんでいる方々が多いのも特徴。
タイには世界中のニューハーフが集まることでも知られています。2020年7月には同性間でのパートナーシップ法が承認されました。

弊社取扱ブランドの「シーチャン」ではオイルコントロールに特化した、メンズ向け処方のフェイスパウダーを発売。脂性肌が気になる女性の購入者も多く、男女問わず使えるジェンダーレスコスメとして評判となっています。イメージモデルにも俳優が多数起用され、男女の垣根なくメイクを楽しむ、より自由度の高い新しいカルチャーを発信しているタイの魅力は、現代の日本の若者に刺さること間違いなし!

アジアンコスメのパイオニア「株式会社日本機能性コスメ研究所」
取り扱いブランド一覧

◆タイコスメ
idolo(イドロ)、MISTINE(ミスティーン)、CathyDoll(キャシードール)、SRICHAND(シーチャン)、Beauty Cottage(ビューティーコテージ)

 

▼関連記事
タイコスメ「CathyDoll(キャシードール)」が日本初上陸へ
タイ人気俳優がプレゼンター!タイコスメブランド「MISTINE」「idolo」日本初上陸