THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクの大手病院での輸血でHIV感染、日タイハーフ男性がテレビで告白

2019年5月10日 配信

2019年5月9日、バンコクにある大手私立病院のバムルンラード病院は、患者が輸血によってHIV(後天性免疫不全症候群)に感染したことを認め、無料での治療を約束しました。



先日、日タイハーフの24歳の男性がTV番組に出演し、バムルンラード病院での白血病の治療の過程の中で行われた輸血によって、HIVに感染したことを告白しました。

これを受けてバムルンラード病院は、声明を発表しています。

バムルンラード病院によると、輸血用の血液は、タイ赤十字協会の国立血液センターから受け取ったもので、高い基準を満たしていたとのこと。しかし血液に含まれたHIVを検出できない期間があり、血液を受け取った時点では、HIVの検出ができなかったとのことです。

日タイハーフの男性は、2004年に9歳で白血病の化学治療を開始。これまで700万バーツの治療費がかかっていました。