THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ人女、関空から覚醒剤1.1キロ密輸「元彼から頼まれた」

2019年4月11日 配信

タイ人がノービザで日本に入国することが出来るようになったのが2013年のこと。今ではタイと日本をつなぐLCC(格安航空会社)が沢山あるので航空券も安く、誰でも気軽に日本を訪れることが出来るようになりました。もちろん“売人”だって簡単に日本を訪れられるのです。



各報道によると27歳のタイ人の女が、タイから関西国際空港に覚醒剤1.1キロ(末端価格6,600万円相当)を密輸しようとしたとして、逮捕・起訴されました。

タイ人の女が密輸をしようとしたのが2019年3月17日のこと。タイから関西国際空港に到着した際、団体ツアータグをつけているのに1人で行動しているのを不審に思った係員が、タイ人の女の所持していたスーツケースを調べたところ、覚醒剤が見つかりました。覚醒剤を隠せるように改造した、特別なスーツケースでした。

タイ人の女は「元彼に2000ドルの報酬で運ぶよう頼まれた。違法な薬物であることはうすうすわかっていた」と話していて、罪を認めているとのこと。

■タイ人の女が覚醒剤6600万円相当を密輸「違法薬物を運ぶよう知人に頼まれた」|MBS

 

最近日本では、タイ人に絡んだ覚醒剤のニュースが度々報じられます。

タイ人の覚醒剤関連の事件

沖縄でタイ人の男を逮捕、スーツケースに覚醒剤2.8キロ
覚醒剤密輸の疑いでタイ人男ら逮捕、タイから国際郵便で日本へ送る
群馬でタイ人7人逮捕、覚醒剤・ヤーバーをEMSで密輸