THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

プーケット警察、悪徳ライダー情報をLINEグループで収集

2019年3月25日 配信

世界中から開放的な美しい海と青い空を求めて観光客が訪れる、タイ南部の大人気ビーチリゾート・プーケット。間もなく訪れるゴールデンウィークに、プーケットを訪れるという人も多いでしょう。



プーケットは総面積576 km²の島で、各地にビーチが点在しています。しかしプーケットはバンコクと違ってタクシーが高額なため、リーズナブルに各ビーチや観光地を巡るためには、レンタカーやレンタルバイクが必須です。

レンタルバイク店のイメージ写真

レンタルバイク店のイメージ写真

プーケットのあちこちにはレンタルバイク店があり、格安でオートバイを借りることができますが、観光客による危険運転も度々問題になり、報道されます。そんな中タイ警察は、コミュニケーションアプリ LINEを使って、危険な運転などをするライダーの監視をスタートしました。

プーケットで最も賑わうパトンビーチを管轄するタイ警察パトン署は、2019年3月7日に開いた会議の後、地元ライダーらと情報交換のためのLINEグループを結成しました。地元ライダーは、危険運転や違法行為などをするライダーを見つけたら、写真やビデオで撮影をし、パトン署に情報を提供します。

さらに、今後はレンタルバイク業者とのLINEグループを結成する予定とのこと。先日はレンタルした高額のオートバイを返却せずに、帰国したウクライナ人が話題になりました。今後はレンタルバイク業者と警察とで、LINEグループで様々な情報を交換出来るようになります。

 

▼関連記事
外国人がレンタルバイク返却せずタイ出国、預けたパスポートは捨てて自国大使館に紛失届