THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ東部でウガンダ人偽僧侶を逮捕、僧衣の下に短パンとシャツ

2019年3月17日 配信

カンボジアと国境を接するタイ東部サケーオ県のワッタナーナコーン郡で2019年3月15日、32歳のウガンダ人の男をオーバーステイで逮捕しました。



報道によるとウガンダ人の男は、1月9日にバンコク・スワンナプーム国際空港から、観光ビザでタイに入国。3月9日までの滞在許可が与えられていましたが、その期限を超えていたため、オーバーステイとなっていました。

今回の逮捕は、住民から警察へ、ワット・クローンヤーン寺院に黒い僧侶がいるとの通報があったことがきっかけ。警察がその僧侶の確認をしたところ、男は外国人で、外国人が僧侶になる許可関係書類(タイには僧侶ビザというのがあります)を所有していませんでした。そのため警察が男の僧衣を脱がせると、その下にはシャツを着て、短パンを穿いており、偽僧侶であることが明らかになったとのこと。

男は取り調べで、オーバーステイでの逮捕から逃れるために、僧侶になりすましたと認めています。