THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

チェンマイの大気汚染が世界ワースト3位に

2019年2月13日 配信

タイ北部の古都チェンマイは、毎年野焼きなどによる、大気汚染が問題になります。2019年も例によって大気汚染がひどく、深刻化しているようです。



そんな中で2019年2月13日、パタヤ日本人会PJAニュースが、チェンマイの大気汚染が世界ワースト3位になってしまったことを伝えています。

タイ大気汚染、チェンマイが世界ワースト3位に

これは国際的に大気汚染の数値を測定している”AirVisual”の発表数値が、大気汚染を示すAQI(大気質指数)で世界でワースト3位になったそうです。

報道によると、国際的に大気汚染の数値を測定している”AirVisual”の発表数値において、タイのチェンマイの大気汚染を表す

なおチェンマイのAQI数値は194。その他世界ワースト1位のインドのニューデリーで215、2位がパキスタンのラホールで197となりました。(AQIの一般的な安全基準は100以下ですので、その倍近い数値に達しています。)

なお、チェンマイのPM2.5の濃度も悪化しており、最悪の数値となったチェンマイのメイリム地区では151マイクログラム/立方メートルに達したそうです。(同数値の一般的な安全基準は50以下です)

[追記]

その後の2月20日、チェンマイではPM2.5などによる大気汚染が続き、チェンマイ大学が警報を発しています。チェンマイ大学は地元住民に対して、出来るだけ外に出ないように注意を促しています。