THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクでパキスタン人キリスト教徒100人を不法滞在で摘発

2018年10月11日 配信

タイ警察は2018年10月10日、オーバーステイなど不法滞在の疑いでパキスタン人キリスト教徒100人を摘発しました。



スラチェット・ハクパーン新入国管理局長の指示の下でタイ警察は、バンコク都バンコク・ヤイ地区のチャランサニットウォン通りソイ12のパキスタン人キリスト教徒コミュニティを捜索。52人のオーバーステイ、5人の不法入国、そして43人の子どもたちを拘束しました。拘束された全員は入国管理局のブラックリスト入りし、国外追放となります。

さらに、不法滞在の手助けをしていた、2人のパキスタン人の男も逮捕されました。2人はパキスタン人を不法にタイから第三国に送り出していました。

イスラム教徒が多くを占めるパキスタンでは、少数派のキリスト教徒は差別と迫害の標的になっており、多数のパキスタン人イスラム教徒が、パキスタン国外に脱出することを余儀なくされています。

なお現在タイでは、プラウィット・ウォンスワン副首相兼国防大臣の指示の下、不法に滞在する外国人の取り締まりを強化中。

 

▼関連記事
オーバーステイなどタイで不法に滞在する外国人の取り締まりを強化、副首相が指示