THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「寿司が食べたい」というタイ洞窟脱出少年、彼が想像している寿司は多分コレ!

2018年7月15日 配信

2018年6月23日にタイ北部チェンライ県メーサイ郡の国立公園内のタムルアンナンノン洞窟に入り行方不明となった、サッカー少年ら13人。当初は1時間で洞窟から出る予定だったそうですが、洞窟に入ってすぐに豪雨で雨水が大量に洞窟内に流れ込み、外に出る道は水没し、水を逃れて奥へ奥へと進んで行ってしまったのです。そんな彼らも7月2日になって全員が洞窟の中で無事発見され、世界中の洞窟救助のエキスパートたちの協力の下、7月10日には全員が脱出したのです。



洞窟から脱出した少年「寿司が食べたい」

タイ保健当局は7月14日、治療・療養中の病院内で撮影された13人の肉声を公開。日本ではチャニン・ウィブンロンルアン君による「寿司が食べたい」という発言が話題になっています。

タイで日本料理はブームを通り越して、今やあって当たり前のもの。ショッピングセンターの中のレストランの半分が日本料理レストランという場合も珍しくなく、日本料理はタイ人にとって身近なものになっています。

日本料理の中でも寿司は知名度は抜群。バンコク中心部の日本人経営の日本料理店から、ローカルなタイ人経営の日本料理まで、握り寿司も巻きずしも大人気。特にタイ人が大好きなのはサーモンでしょう。

タイ人経営の日本料理店の寿司

タイ人経営の日本料理店の寿司

セブンイレブンでは、少し前から巻き寿司(カルフォルニアロール)が売られるようになっていましたが、今では握り寿司までもが販売されています。身近ですね~。

タイのセブンイレブンの握り寿司

タイのセブンイレブンの握り寿司

 

もっとも身近なのは屋台の寿司

日本料理が身近になったと言っても、やはり現地のタイ料理に比べればかなり高額。そんなに頻繁に食べられるものではありません。ところがあるんです、激安の日本料理が。それが屋台の寿司。

サーモンをはじめ、たまごや海老などの寿司が、屋台に並べられています。価格は大抵が一つ5バーツ(約17円)からと激安。他のタイ料理と同じような価格で寿司が食べられるのですから、タイ人に大人気。いくつか並んでいる屋台で「お客さんがたくさんいる店だな」と思ってのぞいてみると、寿司の屋台だったりするのです。

チャニン・ウィブロンルアン君らが住むのはチェンライの田舎。頻繁に日本料理店に通っているとは考えにくいので、いつも食べているのは、(勝手な思い込みの可能性もありますが)屋台の寿司なのだと考えられるのです。

屋台の寿司も「こういうものだ」と思えばそれなりに美味しく食べられますが、やっぱり本物の寿司には到底かないません。ぜひチャニン・ウィブロンルアン君らには、本物の日本の寿司をお腹いっぱい食べて欲しいですね。

 

▼関連記事
タイ洞窟、外国人救助部隊参加のスーパーヒーローがタオ島に到着!
タイ洞窟、13少年ら救出に尽力した国際救助隊員にタイ観光VIP待遇
タイ洞窟からの脱出物語が映画化へ!ハリウッド映画よりもタイ映画を希望!
タイ洞窟閉じ込めから18日目、13人を全員救出
タイ洞窟内のサッカー少年ら13人にサッカー日本代表チームが応援メッセージ
タイ洞窟で無事救助の13人の少年ら、脱出へ向けて潜水訓練
タイ・チェンライの洞窟で不明の13人が9日ぶりに無事発見
チェンライの洞窟で不明の13人の救助へ向け、イギリスから専門家が到着
タイ北部チェンライの洞窟でサッカー少年ら13人が行方不明に