THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

日本のセブンイレブンでビールサーバー設置開始、タイでは批判を受けて中止になっていた!

2018年7月15日 配信
日本のセブンイレブンで始まったビールサーバー設置、タイでは批判を受けて中止になっていた!

タイのセブンイレブン

各報道によると2018年7月14日、日本のセブンイレブンが、首都圏の一部店舗にビールサーバーを設置して、生ビールのテスト販売を始めると明らかになりました。価格はSサイズは100円と、いつでも気軽に飲める超お手頃価格です。



そんなセブンイレブンのビールサーバーですが、タイでは2017年10月に試験的に18店舗に設置されました。SNSにも動画が投稿されるなど、大きな話題になりました。

しかしアルコールの広告が禁止されていたり販売時間に制限があったりと、アルコールには厳しいタイですから、「テスト販売成功→本格販売開始」とはなりませんでした。

最初に持ち上がったのが法的問題。ビールサーバーのロゴが広告に当たるのではないかということと、店舗で客自身がビールを注ぐことが違法であるということ。これらは、通常ビールサーバーにカバーをして見えなくすることと、ビールを注ぐのは店員が行うということで、法的問題はなしとなったのです。しかし・・・。

さらに大きな問題は、アルコール反対運動家たちからの強い抗議でした。彼らの主張は、ビールサーバーの設置により、気軽にビールを飲む人が増えてトラブルが起きかねないというもの。先述の通りアルコール販売時間には制限があっても、今でも気軽にセブンイレブンでビールは買えるので、ビールサーバー設置でも大きな変化はないようにも思えるのですが、アルコール反対運動家たちは店頭でデモを行うなどして強く反対。結局ビールサーバー設置は中止となったのです。

タイのセブンイレブンでの生ビール販売が批判を受けて中止