THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ日サッカーから目が離せない -移籍とセレッソ大阪バンコク「キッズゲームフェス」-

2018年12月20日 配信

タイ日サッカーから目が離せない -移籍とセレッソ大阪バンコク「キッズゲームフェス」-

チャナティップ選手がJリーグのベストイレブンに選出され、タイ代表の新ユニホーム発表と共にタイサッカーは明るい話題で盛り上がっており、準決勝で敗退したSuzuki Cupの事は何処吹く風、完全に蓋をされた様な状態ですね。



また前回コラムにて細貝選手のブリラムユナイテッド入団について触れましたが、今週はハーフナーマイク選手のバンコクユナイテッド入団のニュースが届きました。広島や札幌がタイで試合をやる様ですし、オフシーズンも目が離せませんね。

セレッソ大阪バンコク校では「キッズゲームフェスティバル」という幼稚園年代を対象とした“とにかく試合をしましょう”という催しを不定期に開催しております。対外試合にて他チームとの交流を目的に順位付けはしないで試合祭り。最後には“コーチvs参加者全員”にてガチバトル(!?)。

歳の差約40歳…時には引っ張ったり、くすぐったりのマリーシア(ポルトガル語で「ずる賢さ」の意)。負けたくないんでね…キラキラした選手達と熱く、勝負に拘りながら楽しくプレーしてきました。

そんなこんなを執筆しておりましたら、杉本健勇選手や山口蛍選手がセレッソ大阪から移籍するという寂しいニュースが日本から…何度も言いますが、オフシーズンも目が離せませんね。

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand