THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ラオスにセブンイレブンが進出、首都ビエンチャンで2022年にもオープン

2020年8月31日 配信

ラオスのコンビニといえば思いつくのが、M-Point Martそしてmini BigCでしょうか。今度はそこにセブンイレブンが加わります。



株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、タイでセブン‐イレブンを展開するCP Allの子会社であるCP ALL Laos Co., Ltd.とラオスでのマスターフランチャイズ契約を締結。2022年にも首都ビエンチャンでセブン‐イレブン ラオス進出第1号店が開店予定です。

なおCP All は、1989年にタイで初のセブン‐イレブンをバンコクに出店し、現在は日本に次ぐ約12,000店舗を展開。2021年にはカンボジアへの出店も予定しています。

7-Eleven, Inc. President and CEOのJoe DePinto氏のコメント:
「CP Allはタイにおけるセブン‐イレブン・ブランドの定着に成功しており、今回のラオスの消費者に当社のブランドを提供するのにも、これ以上良い企業はありません。
この関係はまた、ラオスにさらなる雇用と経済的機会をもたらすと考えております。」

【CP Allの概要】
1.会社名   CP All Public Co.Ltd.(CPオール)
2.代表者   Tanin Buranamanit (タニン ブラナマニット)
3.事業内容  タイのセブン‐イレブン運営会社として約12,000店舗を展開
(2020年6月末時点)