THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

「漫画村」で話題のサイトブロッキング、タイではポルノや不敬コンテンツ等を遮断

2018年4月9日 配信

漫画を許可なく無料で掲載することで、莫大なアクセスと多額の広告収入を得ていると言われる海賊版サイト「漫画村」。海賊版サイトが広まると、「無料で読めるから」と漫画にお金を落とす人がいなくなり、海賊版サイト運営者が潤うばかりで、肝心の作者に報酬が渡らなくなってしまいます。このままでは漫画を書いても儲からなくなり、漫画を書く人がいなくなってしまうのです。これは日本の漫画の危機です。



しかし「漫画村」は海外のサーバーを利用するなどしているため現在の日本の法律では取り締まれず、NHKも「漫画村」を閲覧することに違法性はないと報道したことが話題になりました。

そこで日本政府は、このままでは日本のコンテンツ産業は滅びてしまうとして、「漫画村」をはじめとした海賊版サイト対策に乗り出しました。

報道によると日本政府は、海賊版サイトの閲覧を出来なくするために、各プロバイダーに対して、海賊版サイトへのアクセスを遮断するサイトブロッキングを実施するように要請するそうで、近く正式決定となるようです。

一方タイでは、2006年よりサイトブロッキングが行われており、主にポルノやタイ王室に対する不敬、国家の安全保障に有害とされるコンテンツ等をブロックしています。ブロックされているサイトの中には、日本のサイトも含まれているようです。タイ滞在中にサイトを開こうとしたら、下のようなマークが出てきて閲覧が出来なかった、という経験をした人もいるのではないでしょうか。

「漫画村」で話題のサイトブロッキング、タイではポルノや不敬コンテンツ等を遮断

タイ情報技術・通信省によるサイトブロックで表示されるマーク

ただ、海賊版サイトに対するサイトブロッキングは、VPN等の利用で回避が容易で、新たな海賊版サイトへ利用者が流れるだけという意見もあり、海賊版サイトの撲滅には至らないとも言われています。

タイでも日本の漫画は大人気で沢山の漫画ファンがいます。そんな漫画が滅びてしまわないように、根本的な解決策が待たれます。

新着記事

かつて東京・渋谷にも出店してた「SWENSEN’S」のマンゴーアイスクリーム
Ink&Earth、「タイフェス」に続いて「新代田環七フェスティバル」に出演し「神楽音」でもスペシャルライブ
ウルトラマンの海外での利用権は円谷プロ?タイ人実業家?-米国で円谷プロ勝訴判決
タイがTPP参加へ、読売新聞報道
ドリアンが美味しいシーズンです!中国のアリババではタイ産ドリアンが馬鹿売れ!
カオサン通り・旅行者列伝(3)武下さんご夫婦~世界一周旅行中に結婚!~