タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイの芸能界に飛び込んだMisaki(仁藤みさき)の素顔「私がタイと日本の懸け橋になる!」

2016年12月12日 配信

仁藤みさきインタビュー

タイが好きで、タイに単身乗り込み、タイの芸能界で活動している女性がいます。彼女の名はMisaki。2曲目の新曲「Please」をリリースしたばかり。そして、タイと日本の懸け橋になりたいという強い思いから日本の旅行情報・カルチャーを発信するFacebook「Ikidane Nippon THAILAND」のオフィシャルキャラクターとして活動を始めました。

Misakiの名は知らなくても「仁藤みさき」と言えば知っている、という人も多いと思います。彼女は「ミスFLASH 2011グランプリ」を受賞し、アイドルグループ、グラビア、タレント、女優と幅広く日本の芸能界で活動していましたが、2014年、突然日本での芸能活動を休止し、タイに拠点を移しました。タイでは歌手活動をメインに、バラエティ番組、ドラマ出演、CM出演も果たしました。グラビアでの印象が強く、セクシーな大人の女性のイメージを持っている人も多いのですが、本当はディズニーランドが大好きな、かわいらしい女の子。そしてとても芯が強く、まっすぐな思いを秘めた女性です。

今回はそんな彼女の魅力に迫りました。

仁藤みさき(Misaki )
https://www.facebook.com/misakinitoofficial
https://www.instagram.com/misakinito

Ikidane Nippon THAILAND
https://www.facebook.com/ikidane.th
https://www.instagram.com/ikidanenippon_th

仁藤みさきインタビュー

 

アイドルグループを掛け持ち!

 --日本デビューからタイに渡るまで、どんな仕事を?

Misaki:日本では最初にグラビアでデビューして、雑誌やDVDをメインに活動していました。それからテレビのバラエティ番組でタレント活動をしたり、女優業も少し。アイドルグループにも所属していて、「G☆Girls」「BA5」「テレ東7ちゃんガールズ」って言うグループと…あと何だったかな(笑)?忘れちゃうくらいアイドルグループを掛け持ちしていました。

 --歌う曲も全部違う訳ですよね?

Misaki:そうなんですよ。だからグループの活動が被っている時は大変でした。

--タイではソロとして2曲目の「Please」をリリースしたばかりですが、ソロで歌手、というのはタイに渡るまでなかったんですね。かなり違うでしょう?

Misaki:グループだと常に周りのバランスを考えて話したり、歌わないといけないんですが、今は自分で好きに動けるので、そこは楽ですね。

 

タイ移住は引っ越しと同じ?凄すぎる度胸と決断力

 --日本では「ミスFLASH 2011グランプリ」のような大きな賞も獲得しているんですが、日本での活動をすべて捨ててタイに行こうと思ったきっかけは何だったんですか?

Misaki:グラビアの撮影でよくタイに行っていました。その頃からタイの印象が凄く良くて。その後、日本で仕事をしているうちに、海外で活動したいなって考え始めました。丁度その頃「タイで仕事しませんか?」というオファーがあって、きっかけをもらいました。

 --運命的ですね!でも海外に移住する事はかなり大きな決断が必要だと思うんですよ。不安はなかったんですか?

Misaki: その頃の私は、タイのパンケーキさんっていう芸能人に似ていたらしくて、税関の人までちやほやしてくれたんですよ(笑)。その時、「ああ、タイの人って凄くちやほやしてくれるんだ」と、いい気分になりまして(笑)。不安はほとんどありませんでした。

--いい気分(笑)…。確かにタイの男性はきれいな日本人女性に優しいですよね。

Misaki:それに東京でも一人暮らしをしていたので、バンコクで一人で住むのも変わらないなと思って。

 --東京とバンコクは全く変わらないと!?国ではなく県を移動する感覚ですね(笑)!

Misaki:全然変わらない(笑)。

仁藤みさきインタビュー

 --普段から決断力は強い方なんですかね?

Misaki:確かに自分で決める大事な事は、自分の意志だけで決めますね。決断にあまり人の意見は求めないです。

 --でも、日本のファンの方は悲しんだでしょう?

Misaki:そうなんですよね…。私的にはそんなに重大な決断のつもりではなかったんですけど、ファンの方は「なんでタイに行くの?」ってびっくりして。でも最終的には皆さん優しく見送ってくれました。

 --日本からMisakiさんのタイのイベントに行きたい!って言う人もいそうですが。

Misaki:そう言ってくれるファンの方もいるんですけど、タイのイベント事情は日本とかなり違うんですよ。突然決まったり、本人である私も詳細を当日まで知らないことが多いので(笑)。その日に何をするかも知らずに会場に行っています。

 --確かにタイのイベントって、だいぶ前からしっかりスケジュール告知する日本とは違いますよね。しかもタイ人はイベントが突然決まっても、なぜか普通にたどり着けるんですよね。

Misaki:タイ人は凄く臨機応変な対応ができるんです。

仁藤みさきインタビュー

 

第二の故郷タイと日本の懸け橋になるために…!

--バンコクと言う場所はMisakiさんにとってどんな場所?

Misaki:まず外国という感じがしません。「家」と言う感じがしますね。もう第二の故郷です。

--Facebook「Ikidane Nippon THAILAND」ではタイ語を教える動画を週に2回UPしているんですけど、タイ語うまいですよね…どれくらい勉強したんですか?

Misaki:そんなことないです(照)。タイ語の勉強は1年くらい。でもまたレッスン再開します。

 --…という事はタイ語を知らない時からタイで芸能活動を始めたんですか?

Misaki:そうです。最初は全くタイ語が話せなかったので簡単な英語で会話をしていました。

--Ikidane Nippon Thailandのオフィシャルキャラクターになったきっかけは何だったんですか?

Misaki:日本人でタイが好きな人は沢山いますよね。タイに住んでいる人も沢山います。でもタイで芸能活動をしている、という人はほんの少ししかいない。だから私が日本の良さをタイ人に、タイの良さを日本人に伝えられる立場になりたくて。日本とタイの懸け橋になりたいとずっと思っていましたから。

Ikidane Nippon Thailand

 

時間のゆったり流れるタイ王国と大らかなタイ人が大好き

--Misakiさんが日本人に伝えたいタイの素晴らしい所を教えてください。

Misaki:屋台が沢山あって、美味しい物が安く気軽に食べられる所!それから時間がゆったりと流れている感じが本当に素敵だと思います。日本は仕事も時間もきっちり締め切りがあって、何かに縛られている感じがありませんか?タイではそんな事がないので、旅行で来たら「うわあー、天国だ!」って思うかも。それからバンコクに関しては交通手段が色々ある所も凄い。私はよくバイクタクシーを利用します。本当に便利。

--バイクタクシーは日本にもほしいですよね(笑)。お友達にはタイ人も多いと思いますが、タイ人の魅力はどんな所ですか?

Misaki:大らかで、細かい所を気にしない人が多いです。何でも許してくれます。

--Misakiさんがタイで一番のお気に入りの場所はどこですか?

Misaki:プーケットが大好きです。特にカマラにある「THE NAKA」というホテルがお気に入り。ホテル自体がリゾート感いっぱいで、ホテルにいるだけで癒されます。

プーケットでの仁藤みさきさん

--タイで仕事をしていると、ちょっと休みがあればリゾートに行けるのも魅力ですね。

Misaki:実は休日だけではなく、仕事でもプーケットに行く事が多くて。でもスタッフが1日で撮影が終わるのに「せっかくプーケットに行くから、2泊しよう」と言うので、翌日は丸1日のんびりできたり(笑)。

--それ凄いですね!スタッフが2泊したかっただけじゃないですか(笑)?

Misaki:多分そうだと思います(笑)。日本では1日できっちり撮影して、その日のうちに撤収するんですが、ロケで遠い所に行くと「好きな時に帰っていいよ」って。そういう遊び心やのんびりした感覚もタイ人の魅力ですね。

--逆にタイ人に伝えたい、日本の大好きな場所はどこですか?

Misaki:ディズニーランドが大好き。行っただけで夢の国、何をしていてもハッピーな感じになれます。日本のテーマパークは設定がしっかりしていて「夢の国」だったら「夢の国」、絶対にそれを崩さないからリアリティがあって面白いんですよね。タイだとちょっと設定が甘くなるので現実に戻されちゃう(笑)。

ディズニーランドでの仁藤みさきさん

 

タイ人に知られた存在になる!

--タイではどんな仕事をしているんですか?

Misaki:メインは歌手です。他にもグラビアやCM出演、バラエティ番組に出たり、ドラマに出演したり。

--タイ語で歌うこと、演技する事って難しくないですか?

Misaki:そうですねー。タイ語の曲は発音を気にして、感情も入れて歌うので、本当に難しいです。演技は表情が入るので分かりやすいかな?

--どっちが向いていると思います?

Misaki:歌もダンスも好きだし、演技も好きだから、同じように続けていきたいですね。

--タイの歌手はMV内の演技もそうですけど、ドラマ出演も多いし、演技する事が多いですよね?そういった意味ではMisakiさんはタイの仕事も合っているんでしょうね。

Misaki:そうかもしれませんね。

--日本人のファンとタイ人のファンの違いはありますか?

Misaki:日本は男性のファンが大多数ですけど、タイには女性のファンの方もいて、お母さん世代の人も来てくれるんですよ。それがすごくうれしいですね。

そうそう。タイ人のファンの方は日本が好きな人が多いので、簡単な日本語で話してくれる人もいますよ。タイ文字で日本語を書いてくれる人もいます。タイではまだ日本の芸能人を応援しようって言う人が多い訳ではないので、来てくれた人の顔はすぐ覚えますね。

--今後のMisakiさんの野望を教えてください。

Misaki:もっとタイ語を学んで、もっと映画やテレビの仕事を増やしたいです。女優としても色々な役を演じてみたいですね。タイでもっと多くの人に知ってもらって、日本を知ってもらえるような人間になりたいです。

「Ikidane Nippon Thailand」では1週間に2回、タイ人の皆さんに日本旅行で使えるタイ語をアップしていますが、これもタイ語の知識を増やして、ジャンルも増やしたいです。

--最後に「タイランドハイパーリンクス」を読んでいる方にメッセージをお願いします。

Misaki:もっとタイの情報が日本に入ってくるように、私もタイ語を頑張って、仕事も頑張って、タイ人に知られた存在になるので、待っていてください!

仁藤みさきインタビュー

 

▼関連記事
Misaki(仁藤みさき)-タイへ渡り、歌手デビューを果たした元グラビアアイドル

新着記事

エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!
日本で退去強制手続を執られたタイ人の数は? 2017年上半期