THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

パキスタン人2人を空港で逮捕、紅茶パッケージに隠してドラッグ密輸

2021年12月1日 配信

パキスタン人2人を空港で逮捕、紅茶パッケージに隠してドラッグ密輸

タイ財務省関税局(Customs Department)によると2021年11月29日、バンコク・スワンナプーム国際空港で、パキスタン人2人がケタミン30.6キロとヘロイン1.1キロ(9,500万バーツ相当)を密輸しようとして逮捕されました。


発表によると、2人のパキスタン人は「申告するものがない」として税関を通過しようとしましたが、係官による荷物の確認が行われ、ケタミンとヘロインが発見されました。薬物は、インスタント紅茶のパッケージの中に隠されていました。

2人のパキスタン人は、パキスタンのカラチからアラブ首長国連邦のドバイを経て、エミレーツ航空でタイに到着 。薬物は彼らの荷物の中のインスタントティーのパッケージの中に隠されていました。カラチとドバイの空港では、薬物は検出されませんでした

新型コロナウイルスのパンデミックで空港からの薬物の密輸は減少していましたが、入国規制が緩和されるに連れ、再び増加し始めています。税関は、出入国する乗客の荷物をランダムにチェックしています。