THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

北タイの新型コロナウイルス感染状況は?14日間の隔離検疫も[2021年6月29日現在]

2021年6月30日 配信

北タイの新型コロナウイルス感染状況は?14日間の隔離検疫も[2021年6月29日現在]

毎日4000人前後の新型コロナウイルス陽性者が確認されているタイ。特にバンコクとその周辺、そしてマレーシアとの国境を接する南部での感染が拡大しており、現在は10都県(バンコク・ノンタブリ・サムットプラカーン・パトゥムタニ・ナコンパトム・サムットサコン・ナラティワート・パッタニー・ヤラー・ソンクラー)が最高度厳格管理地域「ダークレッド」に位置づけられています。



一方、チェンマイを中心とした北タイでは、毎日の陽性者がゼロの県もあり、比較的ですが抑え込められている状況のようです。

しかしミャンマーやラオスと国境を接する最北のチェンライ県では、ほぼ毎日10人以上の陽性者が確認されています。

2021年6月18日19日20日21日22日23日24日25日26日27日28日29日
チェンライ10人17人28人21人42人19人47人28人20人18人8人11人

チェンライ県、そしてチェンマイ県でも、バンコクなど最高度厳格管理地域「ダークレッド」からの入県者には、ワクチン接種証明や陰性証明がない場合は、14日間の隔離検疫が必要になる場合があります。その他の県についても訪問の際は各自ご確認ください。

なお在チェンマイ日本国総領事館のウェブサイトでは、毎日北タイの新型コロナウイルス情報が更新されています。
https://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

▼関連記事
「最高度厳格管理地域」の施設閉鎖や防疫措置の強化~2021年6月28日から適用
タイ 4,662人陽性/バンコク1,692人/サムットプラカーン647人 /プーケット3人[2021年6月29日発表]