THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

除草剤で汚染された草を食べたゾウ5頭が危険な状態、チェンマイの村で

2021年3月6日 配信

タイのゾウのイメージです。記事とは関係ありません

タイ・エレファント・アライアンス(Thai Elephant Alliance สมาคมสหพันธ์ช้างไทย)は、2021年3月4日夜にタイ北部チェンマイ県オムコーイ郡コパド村で除草剤パラコートで汚染された草を食べたゾウ7頭が、口に重度の火傷を負ったと報告しました。そのいうち5頭は危険な状態にあるとのこと。



報告によると、ゾウにトラブルが発生したのち、チェンマイ大学の象と野生動物研究センターなどに報告が行き、獣医師と救助隊員がミャンマー国境近くにあるコパド村まで数時間かけて駆けつけました。

獣医師によると、ゾウはパラコード中毒。パラコードがゾウの口周りと舌に、激しい火傷を引き起こしたとのこと。獣医師は傷を消毒し、抗炎症薬を与えました。

なお5頭は危険な状態であると診断され、さらなる治療のためにランパーンの象病院にトラックで運ばれました。

タイではパラコートの使用は違法ですが、ゾウが草を食べた農場ではパラコートが散布されていたようです。