THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコク近郊のホテルでガス爆発~中国人観光客激減で休業中

2020年3月10日 配信

中国・湖北省武漢市発の新型コロナウイルスの拡大。中国政府は自国民の海外への団体旅行を禁止したため、世界の観光地からは中国人が消えました。もちろんタイも同様で、そのため中国人観光客が主な顧客だったホテルやレストランは、休業は休業せざるを得ない状況となっています。



そんな中の2020年3月9日夜、バンコク近郊のサムットプラカン県バーンボーにある8階建てのホテルでガス爆発が発生し、1階のレストランとロビーの天井が崩壊しました。従業員1人が割れたガラスで手に怪我をしています。

爆発のあったホテルは、中国人観光客減少により休業中で客はおらず、当時ホテルにいたのは当番のスタッフ2人のみでした。

当時、2人のスタッフがガスの匂いに気付いて調べていた時に、ガス爆発が発生したとのこと。警察はレストランのキッチンのガスタンクを締め忘れるなどの原因でガスが充満し、照明のスイッチを入れる時に発生した火花などにより、ガス爆発が引き起こされたと見ています。

 

▼関連記事
休業するレストランも・・・、新型ウイルスで中国人観光客激減!