THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

一転して「危険な伝染病地域」からのタイ入国も強制検疫なし?

2020年3月6日 配信

新型コロナウイルスに感染する危険性の高い地域からの、タイ入国時の対応が混乱しています。結局“強制検疫”は見送りになったようです。



各報道によるとタイ保健省は2020年3月6日、「危険な伝染病地域」つまり韓国、中国、マカオ、香港、イタリア、イランからタイに入国した場合でも、“強制検疫”は行わないと明らかにしました。公式な方針が変更されたとのこと。

前日5日タイ保健省は韓国、中国、マカオ、香港、イタリア、イランを「危険な伝染病地域」に指定。正式な発表はなかったものの一部メディアには、該当国からタイに入国する場合は「当局に住所と旅行計画を提出し、14日間に渡って自宅やホテルで自己検疫し、毎日当局へ報告する必要がある」と“強制検疫”を行う旨を伝えていました。

実は3日にはタイ保健大臣が自身のFacebookページで、「日本や韓国や中国など11の国と地域からのタイに入国した場合は自宅やホテルで14日間の隔離を義務づける」と投稿しました。しかしその数時間後にはFacebookページごと削除となり、隔離義務は撤回となっていたのです。

BREAKING: Flip flop: Health Ministry now says no compulsory quarantine for visitors to Thailand: https://bit.ly/3cEbMdR

ThaiVisa – The Nation Thailand Newsさんの投稿 2020年3月6日金曜日

 

▼関連記事
「危険な伝染病地域」からのタイ入国に強制検疫を実施、日本は含まず
「日本からタイに到着後は自宅などで14日間の隔離義務」の事実はなし