THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

【新型コロナウイルス】タイ保健省、観光地で流行の可能性を警告

2020年1月30日 配信
【新型コロナウイルス】タイ保健省、観光地で流行の可能性を警告

中国人旅行者も多いバンコク・ラチャプラソンのエラワン祠

中国・湖北町武漢市発の新型コロナウイルス。2020年1月30日現在公式の発表によると中国の患者数は7700人超、死者数は170人となりました。中国人旅行者が多いタイでは、患者数が14人(13人が中国人、1人がタイ人)ですが、全員が武漢で感染したと見られており、タイ国内での人から人への感染は確認されていません。



タイ保健省は2020年1月29日、バンコク、チェンマイ、プーケット、クラビなど、中国人観光客に人気のある場所で、新型コロナウイルスが確認される可能性があると警告しています。

日本では武漢を訪れていない患者も発生していますが、タイでも同様の可能性があり、人から人への感染で流行の恐れがあるとのこと。

タイ保健省は感染予防の対策として、定期的に手を洗って消毒剤を使用し、マスクを着用することを推奨しています。

なおタイで確認された14人の患者は、5人が既に帰宅し、9人が治療を続けているとのことです。

Health officials warn of possible coronavirus outbreaks in Thailand’s most popular tourists destinations https://bit.ly/2Gy9WMV

ThaiVisa – The Nation Thailand Newsさんの投稿 2020年1月29日水曜日

▼関連記事
【新型コロナウイルス】これで世界の感染状況が一目で分かる!