THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ南部のビーチで観光客がサメに襲われる

2020年1月14日 配信
タイ南部のビーチで観光客がサメに襲われる

オメジロザメのイメージ

現在タイは雨の少ない乾季で、毎日青空が広がる観光にもってこいの時期。南部のビーチリゾートは波が穏やかで、多くの観光客が遊泳していることでしょう。



各報道によるとタイ南部パンガー県のビーチで2020年1月12日、75歳の旅行者の男性が海岸線から6~7メートルの場所を遊泳中に、サメに襲われて怪我をしました。襲ったサメは危険と言われるオオメジロザメ(Bull Shark、ฉลามหัวบาตร)と思われます。男性の怪我は深刻な状態ではなく、プーケットの病院で治療を受けました。

タイで人間がサメに襲われることは稀で、最後に発生したのは2017年のプーケット。専門家によると、タイの海ではそれほどサメの攻撃を心配する必要はないものの、夜明けや夕暮れの遊泳では注意が必要とのことです。

なお先月末には、タイ東部チョンブリ県バンセーンビーチ近くで、オオメジロザメが捕獲されています。(参照 危険なオオメジロザメ、タイ東部のビーチで捕獲される

PHANG NGAA German couple get a surprise when swimming off Phang Nga…

The Thaigerさんの投稿 2020年1月13日月曜日

 

▼関連記事
危険なオオメジロザメ、タイ東部のビーチで捕獲される