THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

チェンライ洞窟13人脱出作戦に参加のタイ人ダイバー、作戦中に患った感染症で死亡

2019年12月30日 配信

少年サッカーチームのメンバー12人と男性コーチ合わせて13人が、タイ北部チェンライ県のタムルアンナンノン洞窟に豪雨による増水で閉じ込められたのが2018年6月23日のこと。彼らの救出作戦には世界中が注目し、18日目に13人全員が救出された時には世界中が歓喜しました。その救出の物語を描いた映画「The Cave(タイ題 นางนอน)」は、2019年11月28日よりタイで公開になっています。



そんな中での2019年12月27日朝9時、13人の救出作戦に参加していたタイ海軍のベイルート・パクバラさんが、タイ南部サトゥーン県の自宅で死亡しました。ベイルートさんは救出作戦中に血液の感染症を患って、治療を続けていました。ベイルートさんには、4歳になる娘さんがいたそうです。

なお、当時の救出作戦中にも、作戦に参加してた元タイ海軍のサマン・クナンさんが、酸素ボンベを運んでいる時に意識を失い死亡しています。

 

▼関連記事
「The Cave」が2019年11月28日公開、チェンライの洞窟から生還した13人の少年たちの物語
タイ洞窟閉じ込めから18日目、13人を全員救出
タイ洞窟内のサッカー少年ら13人にサッカー日本代表チームが応援メッセージ
タイ・チェンライの洞窟で不明の13人が9日ぶりに無事救助
チェンライの洞窟で不明の13人の救助へ向け、イギリスから専門家が到着
タイ北部チェンライの洞窟でサッカー少年ら13人が行方不明に
タイ洞窟で無事救助の13人の少年ら、脱出へ向けて潜水訓練