THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

走行中のバイクの運転手の首に電線が絡まる!あわや死亡事故に

2019年8月22日 配信

タイ東部パタヤのナクルア地区で2019年8月17日早朝、オートバイで走行していたタイ人男性(39歳)の首に電柱から垂れ下がった電線が絡まり、怪我をする事故が発生しました。



男性はソイ・ポティサーンを走行中、突然首に激痛が走り、バチバチッという音を聞いたとのこと。男性はすぐにオートバイを停め、傷みを感じた場所に歩いて見に行ったところ、そこにはケーブルが垂れ下がっていました。つまり男性の首に垂れ下がっていた電線が絡まったのです。

幸い、首から電線がはずれたため怪我で済みましたが、電線はずれること無く首に巻き付いていたら、男性の命は危なかったでしょう。実際に昨年2018年にはタイ東北部コンケーンで、オートバイを運転していた女性の首に電線が絡まり、首が切れて死亡する事故が発生しています。

以下の写真は本サイトが以前掲載した、垂れ下がる電線の写真です。

目の前に垂れ下がる電線を発見、これ大丈夫?~バンコクの街角の風景

 

▼関連記事
目の前に垂れ下がる電線を発見、これ大丈夫?~バンコクの街角の風景
オートバイ走行中にケーブルで女性の首切断、タイ東北部コンケーン