THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ当局「少なくとも50店がタイ式マッサージ店を装って売春をしている」

2019年1月20日 配信

タイ当局「少なくとも50店がタイ式マッサージ店を装って売春をしている」

タイ当局は、「タイ古式マッサージ」を世界文化遺産として宣言する計画がある中で、「タイ古式マッサージ」のイメージダウンに繋がる、マッサージ店で行われている売春行為を撲滅したいと考えています。



各報道によると2019年1月16日、タイ警察らは売春が行われているとされるバンコク・スクンビット通りソイ35にあるマッサージ店の調査に向かいましたが、その日は閉店していました。マッサージ店は調査があることを事前に知っていたと見られています。さらにスクンビット通りソイ24の調査も行いましたが、摘発されたマッサージ店はありませんでした。

タイ検察庁公衆衛生部門のトップは報道機関に対し、バンコクでは少なくとも50のマッサージ店が売春を目的としていると語ったとのこと。さらにマッサージ師は、適切な免許証を取得している必要があると語りました。

なお、今後もスクンビット地区、シーロム地区、プラチャチュン地区、パヤタイ地区、ワントーンラーン地区を重点的に、マッサージ店で売春が行わていないかの調査を行うとしています。