THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

日本人旅行者が空港職員に暴力、液体物超過持ち込み指摘で憤慨【バンコク日本人事件簿】

2018年10月16日 配信

在タイ日本国大使館はメールマガジンで2018年10月17日、平成30年(2018年)度第2四半期のタイの治安、一般犯罪等に関する情勢傾向を報告。その中で日本人が引き起こした事件を発表しました。



発表によると、9月にバンコク・ドンムアン空港の手荷物検査で、液体物の釣果持ち込みを指摘された日本人旅行者が憤慨し、空港職員に暴力を奮ったとのこと。日本人旅行者は拘束されています。また場所は明らかにされていませんが、日本人旅行者がジェットスキーで船舶に衝突した事案も発生したとのこと。

以下に在タイ日本国大使館からのメールを転載します。

 

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

平成30年度第2四半期のタイの治安,一般犯罪等に関する情勢傾向を報告します。安全対策等を考える際の参考にしてください。また,当館ホームページ・海外安全情報も随時掲載・更新していますので,併せてご確認ください。
【参考】https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

1 社会・治安情勢等「タイ深南部テロ情勢」
今期,タイ深南部(ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県)では,イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器,爆発物を使用したテロが,月平均約12件発生しており,平成30年度第1四半期(約12件)と同程度でした。
ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県の一部(ジャナ,テーパー,サバヨーイ各郡)については,外務省より危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出されていることから,これらの地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2018T048.html#ad-image-0

2 犯罪傾向等
(1)犯罪傾向
平成30年度第2四半期中の邦人犯罪被害として,55件の届出がありました。
前四半期と比較して1件増加しました。
(2)邦人事件簿
9月,ドンムアン空港の手荷物検査において液体物の超過持ち込みを指摘された旅行者が,憤慨して空港職員に暴力をふるい,拘束されています。
(3)その他注意事項
9月,観光者がジェットスキーをしていたところ,船舶に衝突してしまった事案が発生しています。

3 テロ・爆弾事件発生状況
平成30年度第2四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

4 誘拐・脅迫事件発生状況
平成30年度第2四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

5 日本企業の安全に関する諸問題
平成30年度第2四半期中,日本企業の安全に関する諸問題はありません。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

 

▼関連記事
日本人観光客、タイ入国審査場で写真撮影し別室に連行