THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

出光、パーム椰子由来のバイオディーゼルの燃料混合比率を10%とした実車テスト実施

2018年9月7日 配信
出光、パーム椰子由来のバイオディーゼルの燃料混合比率を10%とした実車テスト実施

テスト用車両

出光興産株式会社は、タイ政府が推進するバイオディーゼル高配合化プロジェクトの技術支援を実施し、改良試作品の連続生産に成功。2018年9月からは、パーム椰子由来のバイオディーゼルの燃料混合比率を10%とした実車テストを行います。



------------------
タイ政府は、再生可能エネルギー導入の推進とエネルギー自給率向上を目的としてバイオディーゼル配合率を現行の7%から10%に引き上げることを目標としています。しかしバイオディーゼルの使用には、金属腐食やオイル劣化、フィルター詰まり等の酸化安定性に起因する問題があるため、目標達成のためにはバイオディーゼルの品質改良が必要です。
当社は、これらの問題を解決する為に、国立研究開発法人 産業技術総合研究所が日本で開発した基本技術を活用し、タイでのプロジェクトメンバーと連携し、酸化安定性を改善する部分水添技術(H-FAME)の実証設備の連続運転に成功しました。実車テストではピックアップトラック8台を使用し、エンジン等への影響を確認します。
当社は、実車テストの結果をもとに、当該技術の商業化を検討し、東南アジアにおける再生可能エネルギーであるバイオ燃料の普及に積極的に取り組んでまいります。

注1)バイオディーゼルの高配合化プロジェクトについて
タイ国立金属材料研究所(MTEC)、グローバルグリーンケミカル社(GGC)、当社の3社で2017年10月にバイオディーゼルの高配合化の技術協力に関する契約を締結いたしました。当社ではこの契約に基づき、部分水添技術の実証設備の設計、運転等の技術支援を実施しています。