THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

埼玉ではタイ人観光客が麻しん(はしか)に感染を確認

2018年5月3日 配信

埼玉ではタイ人観光客が麻しん(はしか)に感染を確認

現在日本では2018年3月20日に沖縄で麻しん(はしか)の発生が確認されてから、愛知や東京など各地で感染者が出ています。そんな中、埼玉では5月2日にタイ人観光客の30歳代の女性が麻しん(はしか)に感染していることが確認されました。



タイ人女性は4月23日にバンコクから成田空港に到着。その後静岡や京都を訪れた後に埼玉県草加市に移動。そこで感染が確認されたとのこと。なおタイ人女性はバンコク出発時から発熱していたとのことで、タイ国内で感染したそうです。

【麻しん(はしか)に感染したタイ人女性の経過】
■4月23日
バンコク(TG676便)→15時30分成田着(バンコク出発時に発熱あり)
成田空港に約1時間滞在
同日、静岡県に移動し、同県内のホテルに宿泊
■4月24日
京都市内に移動し、滞在
■4月26日
草加市内に移動
■4月27日草加市内の医療機関を受診
草加保健所に麻しん患者の届出(臨床診断例)あり
■4月28日
県衛生研究所の遺伝子検査で麻しん陽性確認
※当該患者は、国内の移動には、公共交通機関を利用せず、自家用車を使用していました。

(「麻しん(はしか)患者の発生について(注意喚起)-埼玉県」より抜粋)

 

▼関連記事
名古屋の麻しん(はしか)患者はタイ旅行で感染か?