THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

審判団買収!? -2020年タイサッカー、最新ニュースまとめ-

2020年1月20日 配信

審判団買収!? -2020年タイサッカー、最新ニュースまとめ-

U-23 AFC CHAMPIONSHIP THAILANDの日本vsカタール戦、しばらく経ってからVARの確認にて田中碧選手にレッドカードが提示された。どんなに贔屓目にみても、それほど悪質なプレーには見えなかった。VIP席で観戦するアラブの石油王の様ないで立ちの人を指さし「審判団は買収されているんじゃない!?」と語っていたチョンブリFCのユニホームを着て試合観戦をしていた方達の談。準々決勝のタイvsサウジアラビア戦のPK判定を観て、あながち“(買収は)無くは無いのかも知れない”と感じずにはいられなかった。



問題のシーンはペナルティーの外でユニホームを引っ張ったプレーに対するファールを取った主審が、VARルームからの天の声にPK判定を“映像チェック無し”に変更。誰もが「おやっ!?」と思わされたんじゃないかな。試合内容では圧倒していたサウジアラビアが順当勝ちなのかも知れないけど、勝敗を分けた疑惑のPK…オリンピック出場が掛かっている試合でこれは無いよね。

西野監督のけん引により盛り上がりを見せるタイサッカー、今年度はチェンライ・ユナイテッドで滝雅美氏が、サムットプラカーンシティーFCには石井正忠氏が就任した。昨年日本流で旋風を巻き起こしたサムットプラカーンシティーFCを指揮した村山哲也氏に続く活躍を期待したいと思う。

選手間では大分トリニータでプレーしたティティパン選手がバンコク・グラスへ復帰。後期からトラートFCでプレーしていた馬場悠企選手も復帰し、昇格初年度ながらリーグ制覇を目論んでいる。

横浜Fマリノスを15年ぶりのJリーグ制覇へ導いたティーラトン選手は完全移籍。コンサドーレ札幌のチャナティップ選手は今夏のヨーロッパ移籍が噂されている。

また一昨年サンフレッチェ広島でプレーしたムアントン・ユナイテッドのティーラシン選手は清水エスパルスへの完全移籍合意へと動いている様だ。

冒頭で石油王の噂をしていた方達が着ていたチョンブリFC…こちらへはタイサッカー界のレジェンド櫛田一斗選手が6年ぶりの復帰。2020年シーズン開幕に向け、嬉しい話題は尽きることが無い…。

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。https://www.thaich.net/itotaku
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/bkkregista/
Facebook : https://www.facebook.com/takuya.ito.35