THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

輸出向けサンドバッグに覚醒剤193.5キロ、タイ税関が押収

2021年12月24日 配信
輸出向けサンドバックに覚醒剤193.5キロ、タイ税関が押収

©タイ関税局

タイ財務省関税局(กรมศุลกากร、The Customs Department)は2021年12月23日、アイスとも呼ばれる結晶状の覚醒剤193.5キログラム(約1億1600万バーツ相当)を、麻薬取締局らと共に押収したと発表しました。


発表によるとサンドバッグに入った覚醒剤は、12月22日にバンコク港でタイ関税局が率いる海港阻止タスクフォースにより、オーストラリア向けの貨物から発見されました。覚醒剤は15個のサンドバックの中に隠されていたとのこと。

麻薬取締局によると、193.5キログラムの覚醒剤は、タイでは約1億1600万バーツ(約3億9600万円)相当の価値ですが、オーストラリアでは4,550万オーストラリアドル(約37億6600万円)で販売されます。

タイでは覚せい剤が安価で容易に入手可能と言われており、国外では高価で取引できることから、度々タイから国外への密輸が行われており、摘発も後を絶ちません。

▼関連記事
韓国に送る小包に覚醒剤の錠剤(ヤーバー)
タイ北部チェンライの川に浮かぶ126万8,000錠の覚せい剤を発見
覚せい剤をスピーカーに詰めてバンコクから発送、シンガポール人を逮捕
ママに覚せい剤を隠して密輸、タイ人の男を逮捕
オーストラリアに停泊のタイの貨物船から覚せい剤316kg
タイ国籍の女が中部空港に覚醒剤830グラム密輸か、リュックのベルト部分に隠す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   スポンサーリンク