THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

最長270日タイに滞在可能な「特別観光ビザ」の継続が決定

2021年9月29日 配信

最長270日滞在可能な「特別観光ビザ」の継続が決定

「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VIA:STV)」とは、90日間滞在可能で、延長手続きを行うことで最長270日滞在可能になる長期滞在者向けのビザです。


タイ内閣は、長期滞在者向けの「特別観光ビザ」制度を、2022年9月30日まで1年間延長することを承認しました。この制度は2020年9月30日から実施されており、当初は1年限りで終了する予定でした。

今回の閣議決定では、観光・スポーツ省が提案した「特別観光ビザ」が承認され、観光客、ビジネスマン、投資家など、あらゆるタイプのタイへの長期滞在者、外国のクルーズやヨットの観光客や乗組員に発給されることになりました。

2021年9月28日に発表された公式声明の中で、政府副報道官は、「特別観光ビザ」の延長は、購買力の高い外国人家族が90日から270日の間の長期滞在のためにタイを訪れることを奨励することを目的としていると述べました。

観光・スポーツ省によると、「特別観光ビザ」による初年度の長期滞在者は5,609人で、少なくとも12億4,300万バーツの収益を上げています。

これらの長期滞在者の平均滞在日数は90日で、バンコク、チェンマイ、チョンブリ(パタヤ)、ノンタブリ、パトムタニ、ラヨーン、スラタニ(サムイ島)、ウドンタニが上位を占めています。

「特別観光ビザ」は、タイの経済復興に極めて重要な役割を果たし、観光・ホスピタリティビジネスやサプライチェーン事業者への支援を行っていることから、タイ国政府観光庁は、太平洋アジア旅行協会(PATA)が主催する「2021 PATAゴールドアワード」のマーケティングキャンペーン(国内-アジア)部門で金賞を受賞しました。

 

▼関連記事
タイへ「特別観光ビザ」で外国人観光客が続々と入国へ、10月8日に最初のグループ