THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイへ「特別観光ビザ」で外国人観光客が続々と入国へ、10月8日に最初のグループ

2020年10月2日 配信

タイの国営ニュースメディア National News Bureau of Thailand:NNTは2020年10月1日、ピパット・ラチャキットプラカーン(พิพัฒน์ รัชกิจประการ)観光・スポーツ省大臣の言葉として、今後「特別観光ビザ」でタイに入国する最初の外国人観光客について報じています。



「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VIA:STV)」とは、90日間滞在可能で、延長手続きを行うことで最長270日滞在可能になる長期滞在者向けのビザ。日本からはまだですが、中国やヨーロッパからは既に特別観光ビザ取得の外国人観光客がタイに到着することが決まっています。

大臣によると、150人の中国人グループが10月8日にタイに到着することが、COVID-19状況管理センター(CCSA)により承認され、条件付き入国スキームの下でエアアジアのチャーター便でプーケットに到着します。さらに同日、7人の中国人のビジネスマンらのグループが、プライベートジェットでバンコク・スワンナプーム空港に到着します。

さらに10月25日には中国からの126人の中国人観光客がタイ・スマイルのチャーター便で、11月1日には北欧から120人のグループがタイ航空でバンコク・スワンナプーム空港に到着します。

なお「特別観光ビザ」でもタイ入国後は指定施設で14日間の隔離検疫は必須。上記の外国人観光客らはプーケットの3つのホテルと、チョンブリ、ブリラムのそれぞれの1つのホテルで隔離検疫を行います。

First flight carrying Chinese tourists flying to Thailand on Oct 8|NATIONAL NEWS BUREAU OF THAILAND (NNT)

特別観光ビザ(SPECIALVIA:STV)
90日間の滞在が可能で、申請料金は2000バーツ。ビザは2度延長でき、合計270日間の滞在が可能。
最低滞在日数は30日。
ビザ取得には、旅行保険の加入や銀行口座に一定額の預金などが必要。
タイ到着時には指定の施設で14日間の隔離検疫が必須。隔離検疫の間、2度の検査を実施。

 

▼関連記事
「特別観光ビザ」でタイ入国、最初は中国・広州からプーケットへ150人
タイ長期滞在「特別観光ビザ」~ヨーロッパなどで強い関心、問い合わせ相次ぐ