THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

上野動物園でゾウの赤ちゃん誕生、父も母もタイ生まれ

2020年11月1日 配信

上野動物園によると2020年10月31日午前5時44分、ゾウの赤ちゃんが誕生しました。性別はオス、体高は100センチ、体重は120.5キロです。



生まれたゾウの赤ちゃんの両親はタイ生まれ。母親「ウタイ」と父親「アティ」は共に、2002年10月11日にタイ国スリン県からに上野動物園到着しました。愛子内親王ご誕生の機会に、日本国民へ友好のしるしとして寄贈されたとのこと。

ゾウの赤ちゃんと母親「ウタイ」は共に健康とのことですが、父親「アティ」は2020年8月24日に結核のため死亡しています。

 2019年1月、当時20歳のウタイと当時22歳のアティを繁殖のため同居させたところ、1月13日と14日に一度ずつ交尾が確認されました。その後、定期的に測定していたウタイの血中ホルモン(プロジェステロン)の値が2月末ごろから上昇。妊娠にいたっていない場合には下がるはずの値が4月に入っても高いままで維持されていること、そして、2019年9月23日に実施した超音波検査(エコー検査)によって胎児の骨格と心拍が確認されたことから、妊娠と判断しました(お知らせ)。

その後、経過観察を続けていましたが、2020年10月27日には初めて乳汁の分泌を確認しました。測定を継続していたプロジェステロン値も低下が確認され、10月31日の前夜から陣痛など出産の兆候が認められ、本日10月31日早朝に出産にいたりました。
アジアゾウ「ウタイ」が出産! オスの子が生まれました  └─上野  2020/10/31

タイから日本へ渡って18年、上野動物園で象の「アティ」亡くなる