THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ東部でゴールド販売店に強盗、200万バーツ相当を持ち去る(動画あり)

2019年4月29日 配信

タイ東部チョンブリ県で、販売価格212万50バーツ(約740万円)相当のゴールド(金)の強盗事件がありました。その様子は一部始終を防犯カメラにより捉えられていました。



各報道によると、事件があったのはチョンブリ県サッタヒープにあるショッピングセンター・BigCサッタヒープ店内のゴールド販売店。バンコクからなら、車で2時間強の場所です。

2019年4月28日午前10時15分に、迷彩模様のハットをかぶった男が店内に押し入り、従業員を拳銃で脅しビニール袋にゴールドを詰めて、逃走しました。その様子を捉えた防犯カメラの映像が以下です。

現在警察は、防犯カメラの映像や目撃者の証言などから、容疑者の行方を追っています。

なおタイでは、現金をゴールドに変えて財産として保管する人が多く、街のあちこちにゴールド販売店があり、盛んに売買が行われています。

[追記]
4月30日朝、警察の捜査から逃げ切れないと、容疑者自身がアユタヤ署に連絡して、逮捕されました。逮捕された34歳の男が盗んだゴールドは、チョンブリ県の交際している女性の家に隠してあり、警察はすでに押収しています。

 

▼関連記事
タイの金(ゴールド)の単位「バーツ」とは?|解決タイランド