THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ケニア・ナイロビのタイ系ホテル「デュシットD2」で爆弾テロ・銃撃戦

2019年1月16日 配信

東アフリカにあるケニアの首都ナイロビで現地時間の2019年1月15日午後3時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、リバーサイドにある高級ホテル「デュシットD2 ナイロビ(Dusit D2 Nairobi)」の敷地内を武装集団が襲撃され爆発。治安部隊との間で銃撃戦も行われました。現地の報道によると少なくとも6人が死亡しました。



「デュシットD2」はタイのデュシット インターナショナルによるホテルブランドで、「デュシットD2 ナイロビ」は101室ホテルとレストラン、オフィスビルの複合施設とのこと。

デュシットD2 ナイロビ
デュシットD2 ナイロビは、アート&スタイリッシュ&エンターテイメントをコンセプトとしたナイロビ市内の隠れ家的ホテルです。 リバーサイド・ドライブ(Riverside Drive)から少し離れた緑豊かで静かな場所に位置しています。ビジネス地区から数分の距離にありながら、都会の喧騒から離れ、静かな環境で安全に滞在いただけます。館内はモダンスタイルを基調としつつも、どの年代の方にも心地よく感じていただけるよう空間デザインにこだわりました。デュシットD2ナイロビは、ナイロビの街を代表するシティホテルです。 スタイリッシュで広々とした客室、当ホテルが世界に誇るバーやレストランのほか、イベント・スペースも有しています。最高級のスパとして数々の賞を受賞しているテワランスパ」やひときわ目を引くレッド・プールなど、デュシットD2ナイロビはビジネスにも遊びを楽しむ拠点としても最適な都会の隠れ家です。

AFPによると今回の襲撃は、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系のイスラム過激派武装勢力「アルシャバーブ(Al-Shabaab)」が犯行声明を出しています。

在ケニア日本大使館によると、敷地内には日系企業も入居していますが、日本人は全員無事でした。また報道によると4人のタイ人従業員も無事でした。