THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「国に帰ったら家族に殺される」、結婚から逃げたサウジ女性がバンコク空港で拘束

2019年1月7日 配信

18歳のサウジアラビア人女性ラハフ・ムハンマド・クヌン(Rahaf Mohammed al-Qunun)さんが2019年1月7日現在、バンコク・スワンナプーム国際空港で拘束されています。ラハフ・ムハンマド・クヌンは、「国に帰れば家族に殺される」と、悲痛なメッセージをツイッターで発信し続けています。



ラハフ・ムハンマド・クヌンさんによると、家族が決めた不本意な見合い結婚から逃れるためオーストラリアに亡命をする予定でしたが、6日に乗り継ぎのスワンナプーム国際空港で飛行機を降りた際に、サウジアラビアとクウェート当局に呼び止められたとのこと。そのまま拘束され、現在に至っています。なお、後見人の男性の許可なく渡航したため通報されたとしています。

CNNの報道によると、タイ入国管理当局の責任者は、拘束しているのはタイ当局でなく、サウジアラビアとクウェート当局と話しています。

ラハフ・ムハンマド・クヌンさんは、身体的・精神的な虐待を家族より受けており、送還されれば投獄され、家族に殺されると話しています。

[追記]
1月7日午前の便で送還されるとの話がありましたが、すでに搭乗予定の飛行機は発ち、正午現在ラハフ・ムハンマド・クヌンさんはバンコクに留まっています。

両親から逃れようとしたサウジ女性、タイの空港で拘束|CNN
タイ空港でサウジ女性拘束 送還なら「殺される」と訴え|AFP