THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バイク男二人旅~9県目はカオヤイ国立公園の☆ナコーンナヨック編

2021年6月13日 配信

バイク男二人旅~9県目はカオヤイ国立公園の☆ナコーンナヨック編

タイ全国一周、と言っても一気に周るのではなく、1ヶ月に1県を余すところなく周るという企画で、相棒は4歳の長男と愛車CB1100であります。



タイ全国一周9県目は、あの山リゾートで人気のカオヤイがあるナコーンナヨック県!に行って参りました。しかも、少し前から気にはなっていたグランピングも兼ねての男二人旅です。当日は朝からこれぞツーリング日和とも言えるピーカンの中、カオヤイへ出発。

 

カオヤイ国立公園

バンコク都心からカオヤイ国立公園までは2時間半程度で行けますので、バンコクからも手頃なツーリングスポットとしても人気ですね。以前十台くらいで来たときは国立公園の入口(上の写真付近)で排気音チェックがあったんですが、一台でうるさくなかったからなのか、今回それはなくスムーズに入れました。

この国立公園内はいくつものスポットがあり、今回もそのうちのいくつかを周ってきました。こうしたスポットは駐車場から少し歩くことになるので、そういった意味では息子に大自然を直に体験させる上でも良かったと思います。

それにしてもピーカンで気持ちがいい。これは、コンクリートジャングルであるバンコクに住んでいると余計に感じるところです。空気が、美味しい。

この滝は結構な奥地だった!日本ではあり得ないような、いや、もしくは日本でも古いお城やお寺に稀にある(かもしれない)ような超急な階段を登り降りしてやっと辿り着くような感じなので、とてもいい運動にはなります。

カオヤイ国立公園は4つの県にまたがっていますが、メインロードがあってビジターセンターがあるのがこのナコーンナヨックとなるので、今回もナコーンナヨック県の範囲内を周ってきました。それにしても朝から晩までカオヤイ日和で爽快な走りでした。

■施設情報
名称:カオヤイ国立公園
英語:Khao Yai National Park
タイ語:ป่าดงพญาเย็น-เขาใหญ่
営業:8:00-17:00

 

チャウィー グランピング & リゾート

さて今回のもう一つのメイン、グランピング体験なのですが、調べてみると所謂「カオヤイのグランピング」での人気スポットは反対側のナコーンラーチャシーマ県側にある模様。それでも良さげなところをナコーンナヨック側で見つけました。

結果、これが大正解。テントは広くてなんといってもテント内にクーラー設備があるというのはなんとも快適でした。まあ、それがグランピングというものなんでしょうが、猛暑のタイにおいて、朝から夕方まで一日中外を走り回り、その帰るところのテントがクーラーがんがんに効いている、というのは何とも至福なひと時、贅沢な環境でした。

運営スタッフさんも家族経営であるような、アットホームな対応も良かったですね。若いスタッフさんにチップをあげてビールやら氷やら海老やら貝やらを買ってきてもらい、夜は毎晩ムーカタ三昧。ここには3泊しましたが、外でいただくムーカタは3日連続でもプライスレス。グランピング、とても気に入りました。

■施設情報
名称:チャウィー グランピング & リゾート
英語:Chawee Glamping & Resort
タイ語:ฉวีแกลมปิ้งแอนด์​รีสอร์ท​
WEB:https://www.facebook.com/chaweeglamping/

 

ナコーンナヨック県内周遊

さてここからはいつものようにナコーンナヨック県内(カオヤイ国立公園以外)を流していきたいと思います。

国立公園以外にも大自然がいっぱい

ナコーンナヨック県は地図上でいうとカオヤイ国立公園の南に位置するのですが、その国立公園の麓にもスポットは沢山あります。天気が良いともう、走っているだけで気持ちがいい。

タークシン大王の銅像と記念撮影

前回の記事で銅像好きであることを告白しましたが、またタークシン王の銅像がありました。地元民に銅像のことを聞くと元気よく「タークシン王!」と即答してくれるのですが、大王がナコーンナヨックとどのような所縁があるのかを聞くと、皆不意をつかれた様子で口を揃えて「…わからない」と言って互いに笑うのでした。こうしたくだりはタイっぽくて好きです(笑)

圧巻の仏像は1250体なのだとか

仏教国だけにどこの県に行っても一つくらいは見どころなブディズムスポットがあります。そして、個性が強い。

はじめての本格的オフロード体験

今回の旅のテーマは大自然に戯れるとのことで、事前にいくつか調べて行きました。川下りができそうなところへ行けば水がなくて川が干上がっていたり、タイ最大にして堤防の長さは世界一のダムがあるとの事で訪れてみればコロナクローズであったり…を乗り越えてからのアドベンチャーも楽しみました。

今回もコロナCLOSED

コロナクローズはもう、しょうがないですね。世界一のダムなんかは是非行きたいところでしたが、こうした場所が残っているということはすなわち、次回の楽しみが増えるということです。

ガネーシャにはもう、びびらない

それにしてもタイの風景の中に見る色彩というのは、これまたひとクセもふたクセもありますね。タイに来た当初は面食らって見るだけでお腹いっぱいでしたが、最近ではその色鮮やかさには美しいとさえ思うようになってきました。

トイレだって美しい

今回も現地では外国人を一人も見かけませんでした。特に旅で周るようなスポットは外国人どころか人自体がまばらな状況なので、国内旅行(全国一周)をするなら何かとスムーズな今の内だろうか。それともコロナクローズを避けて少し時期をずらしたら良いのか。ふと考える時があります。

京都にいるかのようで癒されました

上のような貸し切り状態の写真も普段なら撮れないはず。後はバンコクをはじめとするレッドゾーンからの入県者規制を行っている県もあるので、様子を見ながらこれからも周っていきたいと思います。

 

まとめ

ナコーンナヨックの夕焼けは色っぽい

ナコーンナヨック県と言えば何といってもカオヤイ国立公園なんでしょうが、調べてみると意外とそれ以外にも周りたいと思えるスポットはたくさんある県でした。今回の天気の良さが余計にそれを感じさせるのかもわかりませんが、その程良い距離感や豊富な大自然は改めて良かったですね。バンコクから訪れる山リゾートとしては、最高のツーリングスポットであることを再確認した旅でもありました。

※オレンジ=バンコク
※青色=今回訪れた県
※緑色=今までに訪れた県
※白色=まだ訪れてない県
※赤色=日本国外務省より渡航中止勧告

◆今回訪れた県:  ナコーンナヨック
◆残りの県数:  64県(深南部3県は除く)
◆今回の走行距離:  623km
◆今までの累計距離:  6,777km

カリベトシオ(カーリー)
常識なんてクソ喰らえ!曲がったことは大きらい!議論は無用御免、男は黙って背中で語る!バンコク在住のNPO法人日本PR理事長、個人投資家、KARIBE (THAILAND) CO.,LTD.顧問、タイ龍馬会 会長。おもしろくいきましょう、おもしろく。
粋華志義ブログ
suikasigi.com