タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

サムイ島のオカマショー「Paris Follies Cabaret」と夜のチャウエンビーチ通り

2017年6月23日 配信

サムイ島のオカマショー「Paris Follies Cabaret」と夜のチャウエンビーチ通り

バンコクエアウェイズでバンコクからわずか1時間のタイ湾に浮かぶビーチリゾート・サムイ島。最も多くの観光客で賑わうチャウエンビーチは、夜の街も充実しています。サムイ島はビーチや森など自然だけの島ではないのです。せっかくのバカンスなのですから、夜も外に繰り出しましょう!

 

ネオン輝くチャウエンビーチ通り

ホテルのレストランでの夕食を終えてチャウエンビーチ通りを歩くと、そこはネオン輝く繁華街。レストランやマッサージ店などと共に、多くのパブやバーが並んでいて、どのお店に入ろうか迷います。

ネオン輝くチャウエンビーチ通り

「ハードロックカフェ(Hard Rock CAFE)」や「フーターズ(HOOTERS)」といった世界的な有名店も。

「Hard Rock CAFE」や「HOOTERS」

チャウエンビーチ通りからソイ・グリーンマンゴーという路地を入ると「ヘンリーアフリカズバー(Henry Africa’s Bar)」という人気のバーも。

「Henry Africa's Bar」

通りの名前にもなっている「ザ・グリーンマンゴークラブ(The Green Mango Club)」は、深夜に多くの人で賑わうクラブ。

「The Green Mango Club」

あちこちを見て歩いていると、チャウエンビーチ通りでニューハーフ軍団を発見。彼女ら(彼ら?)はこれから始まる「パリフォーリーズキャバレー(Paris Follies Cabaret)」というニューハーフショーの呼び込みをしていました。カメラを持って歩いていたら、「アタシの写真を撮って!」というのでパチリ。

「Paris Follies Cabaret」のニューハーフ

間もなくショーが始まるそうで、「写真もビデオも自由に撮っていいわよ」と言うので、寄ってみることにしました。楽しみ!なお、ステージの時間は20時、21時、22時、23時の全4回です。

 

ドリンク一杯でショーが楽しめる「Paris Follies Cabaret」

チャウエンビーチ通りから路地を少し入ると「パリフォーリーズキャバレー」があります。

「Paris Follies Cabaret」エントランス

ニューハーフのスタッフさんに「写真撮るんでしょ」と一番前の席に案内され、ドリンクをオーダー。「パリフォーリーズキャバレー」には入場料がなく、中でドリンクを頼むだけの明朗会計。価格は390バーツから490バーツです。

バンコクやパタヤでみるニューハーフショーのほど大規模ではありませんが、ステージのすぐ近くで楽しえるのがここの魅力。

ニューハーフショー定番の客いじりだってもちろんあります。「ステージに連れて行かれたどうしよう」と少しドキドキ(笑)

この人が凄かった!美女がどんんどん洋服を脱いでいくと最後には・・・。これはぜひ現地で見てほしいです!

お笑い担当のステージでは、会場内大爆笑!

半々??

ちょっとかっこいいですね。

美しいニューハーフにみんな釘付け。

こちらは外で写真を撮った方ですね。

やっぱりこの人が登場すると盛り上がります。

椅子を使ってのパフォーマンス。

そしてフィナーレへ。

ステージが終了すると、記念撮影の時間。一緒に写真を撮らせてもらったら、20バーツでも良いのでチップを渡しましょうね。

ちなみにチャウエンビーチ通りには、もう一軒「スターズキャバレー(Starz Cabaret)」というニューハーフショーがあります。ステージは8時半、9時半、10時半なので、時間の合う方に行ってみてはいかがでしょうか。

 

Paris Follies Cabaret

[開演時間]
20:00, 21:00, 22:00, 23:00
[住所]
166/92 Moo 2 T. Bophut Koh Samui
[電話]
087 030 8280
[ウェブ]
https://www.facebook.com/

新着記事

タイ発エナジードリンク「M-150」が日本全国のドン・キホーテで発売開始へ
タイの職人が集う「ハードウェアハウス(Hardwarehouse)」
華僑と華人はどう違うのですか?
トゥクトゥクに誘われて、スーツ仕立て屋に連れて行かれた男の体験談
10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る